1. HOME
  2. 作家一覧
  3. てくてく洋裁店
  4. ショップ
  5. 裂き織りバッグ

裂き織りバッグ

「裂き織り」とは、縦糸は、綿素材の糸を使い、横糸は、糸ではなく、1cmから1.5cmの紐状に裂いた布を縦糸に通して、織った布のことを言います。

日本で、裂き織りが盛んになったのは、江戸時代で、古い布を再利用することから始まったそうです。

当店のバッグは、新品の綿素材の布を洗い、布を少し柔らかくしてから裂き、バッグを作っています。

縦糸は、生成り、赤、紺色、黄色など色々があります。
裂き布との組み合わせを考えながら、どんな風に仕上がるのか楽しみながら、製作しています。

裂いた布は太さが一定ではないため、横糸として織り込むことで、とても味わいがあり、趣のある織り地になります。
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。