1. iichi ハンドメイド・クラフト作品・手仕事品の通販
  2. 作家一覧
  3. kogin*bear styleのショップ
  4. kogin*bear styleのプロフィール

プロフィール

こぎん刺しのテディベア製作の、kogin*bear style(こぎんベアスタイル) 手芸家こひろ です。

伝統の手仕事を、新しい形で未来へ。テディベアとこぎん刺しの組み合わせがこだわりです。

デザインからこぎん刺し、縫製、仕上げを全アイテム、一人の手仕事で行っています。

はじめまして。ご覧いただきありがとうございます。

こぎん刺しは津軽地方に伝わる刺繍で、麻の着物の布目を埋めるために木綿の糸で刺したのが始まりで、さまざまな幾何学模様が生まれました。
日本の伝統模様に由来すると考えられる模様もあります。

代表作の、全体にこぎんを刺した(総刺し)布を使った「総刺しこぎんクマ」は、縁起のよいこぎん模様をとりいれた、丸みのあるボディのテディベア。
ぬいぐるみながらも日本の伝統の落ち着いた雰囲気のため、外国の方や、高齢の方にもぴったり。

何体かをならべて飾っても、くまたちが会話しているように見えてきます。
季節を楽しみ、インテリアにこだわって暮らす大人の小さな心のともだちに。

キーホルダーなどのマスコット類は、バッグの中で見つけた時にくすっと笑顔になったり、和みながら伝統模様をお守りのようにさりげなく身につけたり。
ぴんときた子を見つけてくださいね。

お求めいただいたお客様からは、
「種類がいろいろあっていくつも集めたくなる」
「模様の意味から、お守りのように身につけている」
などの感想をいただいております。

ひとりでどうしようもなくつらい時、
ふとさびしくなってしまった時、
親しい人にも言えない気持ち。
さりげなく、そばにいるよ、と伝えられる。
kogin*bear style のベアたちは、そんな存在でありたい。
津軽で生まれた伝統のこぎん刺しをきっかけに、津軽や弘前に興味を持って、訪れてもらえたら嬉しいです。

■手芸家こひろ プロフィール
北海道出身。学生時代を弘前市で過ごす。青森市を経て現在は東京在住。弘前大学と大学院で、江戸時代の東北の産業を研究。
テディベアは高校生頃から趣味で作り、友達にプレゼントしたり頼まれて作ることもあった。

2011年 テディベアの1日教室に参加したことから作家活動を開始。
7月、テディベアコンベンション共同出展をきっかけに、オリジナルのベアを作ろうと、大学院在学中に知った こぎん刺し を取り入れたテディベア製作を開始。

2013年 ブランド名を「kogin*bear style」とする。
意味は「こぎん(kogin)」と「テディベア(bear)をかけ合わせて(*)作る、新しいスタイル(style)。

イベント出展(こぎんフェス他)や委託販売(主に青森県内)のほか、minneなどでも販売。

お知らせ

  • ☆Sold のものでも、ご希望ございましたら、お気軽にメッセージより問合せくださいませ。
    1点物が多いため、全体の雰囲気はそのままにしますが、材料の都合など相談させていただきます。

    【衛生に関する配慮】
    kogin*bear styleのくまたちは全て手縫いですが、衛生について下記のように配慮をしています。
    ●糸通しを使っているため、糸は舐めていません。また咳などかからないようにしています。
    ●ウェットティッシュで指をこまめに拭きながら作業しています(工程で手が汚れるためで以前から)。
    ●トイレの後は手を洗っています…まず作業中はトイレに行ってません。

    安全・衛生面には気を付けておりますが、基本的に大人向けのインテリアとしてのテディベアです。
    小さな部品などございますので、お子様が口に入れたりしないようご注意下さい。ご注文分はクリアボックスに入れてお届けしています。

イベント

一覧へ

  • 東京手づくり博#5
    東京手づくり博#5
    開催予定 2022/7/26(火) 〜 7/31(日)

    西武渋谷店で開催のハンドメイド、クラフトなど手作りのイベント。 ※画像は出展予定作品です。 kogin*bear styleでは、夏!空!海! ということで、青をテーマにした作品を出品予定。

その他のリンク

購入者の声

一覧へ

  • ★★★★★
    [【キーホルダー】こぎんの妖精…]
    さんありがとうございます❤️
  • ★★★★★
    [こぎん刺しのテディベアS 全…]
    全身こぎんの宝石のような美しいベアです。お迎えできて、嬉しいです。
このページのTOPへ