1. iichi ハンドメイド・クラフト作品・手仕事品の通販
  2. 作家一覧
  3. 赤部焼のショップ
  4. 赤部焼のプロフィール

プロフィール

赤部焼陶房は、家族3人で営んでいます。
作品は、3人3様です。

 松本尚(たかし)は、

日常的に使う器つくりに励んでいます。
主に赤絵、染付の絵付け陶器を手がけています。

【伝えたい感覚  見せたい空気感  絵付け陶器の魅力とは?】

おおらかで、柔らかく、優しく、どこか懐かしい
・・・そんな空気感が香り立つような器でありたい。

肌に伝わる“描き絵”の感触、筆のタッチを知って
欲しいと思っています。


 松本空見子(くみこ)は、

元気にきちんとご飯を食べて機嫌よく生きる!〕
毎日を応援できる器が作れたら♪・・・    そんな思いで作っています。

販売は <まつもとそら陶器> という名前で iichi に登録していますのでそちらをご覧ください。
https://www.iichi.com/shop/soratouki

 稲垣芙生子(ふうこ)は、

 線刻、掻き落しなど得意で、現代的な感覚で作っています。
 
 只今、販売の準備をしていますのでもうしばらくお待ち願います。


  赤部焼の多くは、赤土に白化粧を施た生地に絵付けをしています。 

 陶器好きな方には、白化粧掛けは「汚れやすい、欠けやすい」という印象を持たれていますが、

 赤部焼は土と釉薬の収縮を調整して、柔らかな光沢を持つ釉薬を厚めに掛け、1240度で焼成する事で、陶器特有の貫入を防ぎ “丈夫で、汚れがつきにくい” 器に焼きあがっています。

ピンホールは釉薬を施した時に表面を指でこすり極力なくしています。

それでも陶器は水分を吸うので、使用しているうちに色合いが変化しますが、
それが古色となり、なんとも言えない良い感じになっていきます。

 赤部焼の陶房は三重県津市の郊外にあり、緑豊かな環境です。
電車で名古屋まで1時間、大阪まで1時間半のところで、伊勢神宮、鈴鹿サーキット、菜花の里が近くです。

もっと詳しくは赤部焼のホームページ→ www.akabuyaki.netをどうぞごらんください。

お知らせ

  • 2019年1月28日~2月28日まで椿をテーマにした個展を開催のため
    椿モチーフの作品は販売休止とさせていただいています。
    豆皿だけは継続して販売いたします。
    どうぞよろしくお願い致します。

購入者の声

一覧へ

  • ★★★★★
    [椿の赤絵の福鉢①]
    無事に届きました。お正月早々にも関わらず、お送りいただきありがとうございました。 温かみのある作品で、使い勝手が良さそうです。 また、素敵な出会いを楽しみにしております。
    photo
  • ★★★★★
    [赤絵木文字マグカップ]
    無事到着しました。お正月期間にもかかわらず丁寧かつ迅速に対応していただきました。気持ちの良いお取引をさせていただいた事を感謝します。
    photo
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。