1. HOME
  2. 作家一覧
  3. Yasuki Hiramatsu

プロフィール

平松保城(ひらまつ・やすき)/ 金属工芸家


平松保城(1926-2012)は、日本におけるコンテンポラリージュエリー、クラフトジュエリーのパイオニアとして知られています。その作品は国際的にも高く評価され、東京国立近代美術館、皇居、東京藝術大学資料館、ロイヤルカレッジ・オブアート、エジンバラ美術館、ヴィクトリア&アルバート博物館など海外の美術館にも収蔵されています。

平松氏は彫金工芸家・平松宏春の長男として大阪市で生まれました。終戦までの約3ヶ月間を軍隊で過ごした後、1947年に東京美術学校(現・東京藝術大学)工芸科彫金部に入学。優れた教授陣のもと研鑽を積みます。戦争体験は作家としての形成に大きな影響を及ぼし、「人間が生きる上で真に価値のあるものを作りたい」という気持ちから、生活に親しみやすいジュエリーの制作に取り組みました。

現在は長男の平松宏造氏が工房を引き継ぎ、父、保城氏の作品制作を行っております。


◎略歴
1926年 大阪市生まれ
1952年 東京美術学校(現・東京藝術大学)工芸科彫金部卒業。
1964年 日本ジュウリーデザイナー協会の創立会員となる。
1984年 東京藝術大学教授就任(~94年)。
1991年 芸術選奨文部大臣賞のほか、数々の賞を受賞。
1994年 金工で名高いドイツのジュエリーアート協会(ハーナウ)からヨーロッパのアーティスト以外では初めて「名誉のゴールド・リング」を授与される。
2008年 東京国立近代美術館工芸館にて「かたちのエッセンス-平松保城のジュエリー展」を開催。国内外で展覧会多数。
2012年 没

お知らせ

  • 平松保城氏の作品は、東京・中野のクラフトショップ「モノ・モノ」が販売代理を行っています。現物をごらんになりたい方は店舗へおたずねください。

    164-0001 東京都中野区中野2-12-5 メゾンリラ104
    電話:03-3384-2652
    営業時間:平日11:00-18:00
    http://monomono.jp/

その他のリンク

Yasuki Hiramatsu

Yasuki Hiramatsu

東京
メッセージを送る
お気に入り作家に保存
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。