1. HOME
  2. 作家一覧
  3. 工房「tera」

プロフィール

明治期に長く日本に滞在した、言語学者のバジル・H・チェンバレンが「日常生活に用いるどんなつまらないものでも、出来る限り、目を喜ばせ、心の糧となるようなものであるべきだ、というのが日本人の人生観である。」と言っています。日本人のDNAには、今もこの人生観は残っていると思います。
定年後の2年間、岐阜の森林文化アカデミーで木工の基礎を習いました。私はチェンバレンの言葉を実践していきたいと思っています。

購入者の声

一覧へ

  • ★★★★★
    [杢のきれいなけやきの長方形の…]
    ありがとうございます父からも母からも連絡ありました。とても喜んでいます。巾着の作り方も知りたいと話していて、テレビを観て知ってることもありとても良かったです。ありがとうございました。
  • ★★★★★
    [杢のきれいなけやきの2段弁当箱]
    ずっと欲しかった木のお弁当箱を今回やっと手に入れる事ができました。サイズも手頃で、とても軽くて、木目も綺麗。手抜きおかずでも松花堂弁当のように豪華に見えるから不思議です。大切に長く使いたいです。あり…
    photo
このエントリーをはてなブックマークに追加
工房「tera」

工房「tera」

滋賀
お気に入り作家に保存
メッセージを送る
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。