1. HOME
  2. 作家一覧
  3. 工房「tera」

プロフィール

明治期に長く日本に滞在した、言語学者のバジル・H・チェンバレンが「日常生活に用いるどんなつまらないものでも、出来る限り、目を喜ばせ、心の糧となるようなものであるべきだ、というのが日本人の人生観である。」と言っています。日本人のDNAには、今もこの人生観は残っていると思います。
定年後の2年間、岐阜の森林文化アカデミーで木工の基礎を習いました。私はチェンバレンの言葉を実践していきたいと思っています。

購入者の声

一覧へ

  • ★★★★★
    [杢の綺麗なかえでのまあーるい…]
    落ち着いてしっかりとした商品で嬉しいです。ありがとうございました。
  • ★★★★★
    [メープルの細長の弁当箱]
    画像から受けた印象以上にすてきな作品でした。 杢目がきれいで、さらさらとした質感が心地よく、小振りなサイズも丁度よいバランスです。 一段でも使えるので、いろいろな使い方ができそうなのも二段のいいとこ…
    photo
このエントリーをはてなブックマークに追加
工房「tera」

工房「tera」

滋賀
お気に入り作家に保存
メッセージを送る
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。