1. HOME
  2. 作家一覧
  3. きしんがま 瀧口弘毅

プロフィール

本阿弥光悦の抹茶茶碗「銘 不二山」(国宝)と「銘 雨雲」(重文)に感銘をうけ、作陶の道へ。
2006~2011まで埼玉県所沢市で、2012より、埼玉県狭山市に陶芸工房・教室「㬢心窯」(きしんがま)を移転し、主宰。オリジナルであることを追求しています。
「ものづくり」において、大事なことは「透明な心」で臨むことだと考えています。プロフィール画像は陶と綿布などを組み合わせたスカルプチャー作品「ちいさなひと」です。


 
「粉引~卯の花手~」は伝統的な粉引とはあえて違う独自のものをという想いから制作しています。
卯の花は遠目から眺めると黄色いめしべが黒い点のように見えることがあり、化粧土の柔らかい白の中に鉄粉の浮き出た風情から「卯の花手」と名付けました。

従来の粉引は衝撃にもろく、ちょっとぶつかっただけで化粧土の部分から剥がれたりします。
また貫入に染みが入りやすいものです。
粉引を好む人はそれらも含めて愛でるものですが、料理を盛るには使いづらく、コーヒーカップの場合には貫入にしみ込んだコーヒーの匂いが気になりもします。
10年ちょっとの歳月がかかりましたが、独自の風合いと剥がれや染みが入りづらく、かつ白化粧土をどっぷりかけた粉引を「卯の花手」と呼んでいます。

2015~日本アンデパンダン展、大宮平和美術展、埼玉平和美術展などに出品。個展「ひとりでも、いっしょでも」展。
2016~日本アンデパンダン展、大宮平和美術展、埼玉平和美術展、今日の反核反戦展。
日本美術会会員、大宮平和美術会会員、埼玉平和美術会会員。

※作品は他の場所でも販売いたしております。先約ができてしまった場合はたいへん申し訳ありませんが、お断りさせていただくことがあります。ご了承ください。

※ギフトに関しましては基本無料です。通常包装(クリスマスの場合はクリスマスカラーの包装)に加えてリボンなどを施します。
メッセージも無料です。
二十字程度以内のメッセージをお伝えくださればラメ入り和紙シートなどに印刷し同梱いたします。
状況により発送までの日数が多くかかることもございますのでご了承ください。

アート作品中心ホームページ
http://hiroki2799.wix.com/

陶芸ホームページ「きしんがま(曦心窯)」 http://kishingama.ninpou.jp/

お知らせ

  • 2015

    ・第68回アンデパンダン展に出品!
    題名は、「ガレキの中のミノムシ」
    陶とモルタルなどの異素材を組み合わせたスカルプチャー作品等です。
               東京六本木 国立新美術館

    ・第29回大宮平和美術展出品!
               さいたま市立大宮図書館展示室
    ・第49回埼玉平和美術展出品!
               埼玉県立近代美術館

    ★2015年10月8日(木)~10月13日(火)
           11:00~16:00
          (初日は13:00~16:00)

    瀧口弘毅(絵画・スカルプチャー)
    「ひとりでも、いっしょでも」展

    「ギャラリー野守」にて、個展を開催します。

     ギャラリー野守 埼玉県川越市仲町10-13
                 (松本醤油店2F)
              ℡ 049-222-0432

    蔵の街の、趣ある蔵での個展です!入場・観覧無料です!お時間のある方は、ぜひ!

購入者の声

一覧へ

  • ★★★★★
    [飴釉鉄彩マグカップ]
    ラッピングやメッセージ等とても細やかに対応してくださり、ありがとうございました。
きしんがま 瀧口弘毅

きしんがま 瀧口弘毅

埼玉
お気に入り作家に保存
メッセージを送る
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。