1. HOME
  2. 作家一覧
  3. 円満字亜矢子

プロフィール

京都市街に近いのどかな場所。
春は京野菜として名高い白子筍が農業倉庫に並びます。夏は緑の田んぼでアマガエルが毎夜の大合唱。一年を通して近所の農家の朝どり野菜は食べ放題。
結婚し、ここに住まい、夢中で子育てをし、制作に励み、気付けば二十数年たっていました。
無我夢中の日々は、すんでしまえば夢のよう。子供は独立して遠くに行き、さあ思うさま制作に打ち込むぞ!とは、何故かならなかったのです。
自分のなかのおおきい場所がすかっと空いてしまったような・・・?悲しくはないけれど、あれ?これは喪失感というやつなのでは?
出来たゆとりの時間でじっくりと自分の状況を眺めわたしました。結婚、出産が人生の大きな転機なら、ここは次のターニングポイントなのでしょう。
そして気づきました。
今までと同じことをしていては違うのだ、いや、同じことをしなくても良いのだな、と。
では何をしましょうか。何か新しいことをしてみたい。
今までは京都とその近辺での作品展中心の活動でした。
それ以外の場所や人とも繋がってみたいな。しかし生来の引っ込み思案、仕事部屋にこもっているのが大好きなものぐさ人間。新しいことなどほとんど知らない。でも・・・そうだネットはどうだろう?それなら遠くの方にもわたしの作品をご紹介できるかも!
何も知らないくせに、我ながら無謀です。しかし時間はあるのだから勇気をだそう!

わたしにとって、ガラスは宝石です。ちょっとむかしは、ガラスは安物、偽物というイメージもありました。わたしはガラスというこの世にひとつの宝石をつかったジュエリーなのだと思いながら作っています。
抽斗いっぱいの色ガラス棒を眺めて、組合せを考え、小さなバーナーで真っ赤に溶かして模様をつくり、時には金や銀の箔を混ぜ合わせ、再びそれを電気炉で焼いたり、何度も手を入れてひとつのガラスを創ります。
この世にひとつの、珍しい鉱石のような、磨かれた化石のような輝く宝石をつくりだす工程は何年やっても飽きません。
それに合わせる金属はすべて950銀です。銀の板や線を切り、やすり、伸ばし、叩き、ロー付けし、磨き、という彫金の技法を使います。手のひらに載るくらいの作品ですが、小さな仕事部屋にみっちり詰まった工具を駆使してつくるのです。
ガラスも銀も、古代から人々に愛された素材。丈夫で長持ちします。
流行にも左右されず日常のおしゃれを助けささえてくれる優しく気立てのよい子たちです。
もし、縁あってわたしの作品に出会い、お気に入りを見つけられましたら、あなたのこの世でたったひとつの宝石にしてやって下さいませんか。
2001年 朝日クラフト展入選
2001、2004,2007年グラスクラフトトリエンナーレ展入選

お知らせ

  • 藤、さつき、つつじ、モッコウバラ、あやめ、次々と初夏の花が咲き始めました。
    新緑も目にまぶしい美しい季節ですね。

    先日の展覧会で人気のあった、螺旋のピアス、ロングタイプとショートタイプをアップしました。
    耳元で軽やかに揺れて初夏のお出かけに良いですよ。(4/24)

    日常に使いやすい、小さな真っ黒なガラス玉がワンポイントのリングをアップしました。
    平たく槌でラフに叩いた銀線を、ぐるぐる巻いてリングを三本重ねたみたいなデザインです。(4/19)

    彫金ならではの、幅広の槌目のリングをアップしました。シンプルな服とあわせて日常におしゃれを楽しめます。(4/10)

    細い槌目のリングが、手違いで在庫数0になっていました。訂正いたしました。申し訳ありません。(4/10)

    キラキラ槌目が光る華奢なシルバーリング、再アップしました。今回は、やや緩めの巻きで、サイズも少し大きめです。サイズはオーダーもできますよ。(4/7)

    金箔を流した金茶のガラスを嵌めた、三角のリングをアップしました。(4/2)

    おかげさまで「旅とガラスの記憶展」は、無事に終了いたしました。
    はじまりは、春分の日とは思えない寒い雨の日でしたが、最終日は春爛漫の上天気でした。
    どんなお天気の日も、途切れることなくお客様にいらしていただいて、あっという間のたのしい五日間でした。

    はじめての夫婦二人展、建築をしている夫の書き溜めた、はがきスケッチと、私のジュエリーのコラボで、どんな展示にするか、はたして雰囲気は合うのか、色々心配しましたが、皆さんが、違和感なく合っていると喜んでくださって、とても嬉しかったです。
    ふたりの日常の暮らしの延長線上にあるような展示にと、庭の花や、普段使いのガラス瓶など色々持参して飾ったのも面白がっていただけました。
    本当にありがとうございました。



    庭のクリスマスローズが次々に咲いています。
    花びらのようなピンクドロップのリングできました。
    春のお出かけにどうぞ(3/6)

    細い銀の槌目模様のリングアップしました。
    きらきらした華奢なリングを重ねて嵌めたようなデザインです。ピンキーリングにも良いですよ。(3/3)


    ラピスラズリのような金の混ざった紺瑠璃ガラスに、変わり波模様の銀のリング、アップしました。古代の宝物風リングです。(2/28)

    ボリュームのある銀の槌目のリング、黒に金箔流しのガラスをアップしました。(2/19)


    再出品のリクエストを頂いていた銀の梨地ブローチをアップいたしました。
    軽めでとてもつけやすいので、冬や春先のスカーフやマフラーを飾るのにも良いですよ。(2/12)

    地面から力強く顔を出す植物のようなピアス、早蕨のピアスをアップしました。(2/7)

    梨地銀に、金箔ガラスのブローチの再出品のメールをいただきました。お気に入っていただけたようでありがとうございます。
    一点物ですので、同じものは難しいですが、似た雰囲気のものが出来ればまたこちらに上げていきたいと思います。(1/30)

    小振りながら存在感のある、渦巻のピアスをアップしました。(1/30)

    真鍮に銀のかけらを載せて溶かした月面みたいなペンダント、アップしました。ふたつの金属を熔かすと面白い模様が出来ます。ガラスとはまた違った楽しさです。小さなクレーター付きの、大きいけれど軽くて不思議なおつきさまです。小さな金のトンボ玉の星もついています。これは私も愛用しています。とても使いやすいペンダントですよ。(1/23)

    金星のリングBアップしました。
    とげとげしたデザインですが、角は丸くしてあり、嵌めてみると意外なほど指になじみます。(1/19)

    今年初めのアップは、金星のリングです。
    四角い銀のリングに、金の雲が渦巻く惑星のようなガラスがのっています。(1/10)



    大阪、石橋のギャラリー173での作品展は無事終了しました。奥まった場所にひっそりあるギャラリーですが、毎日たくさんの方が観に来てくださって、楽しい幸せな時間でした。
    懐かしい方や、はじめましての方にお会いできるのも展覧会の喜びですね。

    ネットショップを通じてのお客様もあり、なんて幸せ!不慣れながらもネットを始めて良かったとしみじみしたりもいたしました。
    本当にありがとうございました。(12/5)

購入者の声

一覧へ

  • ★★★★★
    [ようこさま専用ページ・かえる…]
    カエルの目と吸盤、なんて妙なお願いを叶えてくださりありがとうございました。とても着け心地がいいです。
    photo
  • ★★★★★
    [再出品・銀の梨地ブローチ・金…]
    とてもキレイです。 春になったら さりげなく襟元に飾ろうと思っています。 陽の光にきっと映えるでしょう。 素敵なお作をありがとうございました。
    photo
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。