1. HOME
  2. 作家一覧
  3. 円満字亜矢子

プロフィール

京都市街に近いのどかな場所。
春は京野菜として名高い白子筍が農業倉庫に並びます。夏は緑の田んぼでアマガエルが毎夜の大合唱。一年を通して近所の農家の朝どり野菜は食べ放題。
結婚し、ここに住まい、夢中で子育てをし、制作に励み、気付けば二十数年たっていました。
無我夢中の日々は、すんでしまえば夢のよう。子供は独立して遠くに行き、さあ思うさま制作に打ち込むぞ!とは、何故かならなかったのです。
自分のなかのおおきい場所がすかっと空いてしまったような・・・?悲しくはないけれど、あれ?これは喪失感というやつなのでは?
出来たゆとりの時間でじっくりと自分の状況を眺めわたしました。結婚、出産が人生の大きな転機なら、ここは次のターニングポイントなのでしょう。
そして気づきました。
今までと同じことをしていては違うのだ、いや、同じことをしなくても良いのだな、と。
では何をしましょうか。何か新しいことをしてみたい。
今までは京都とその近辺での作品展中心の活動でした。
それ以外の場所や人とも繋がってみたいな。しかし生来の引っ込み思案、仕事部屋にこもっているのが大好きなものぐさ人間。新しいことなどほとんど知らない。でも・・・そうだネットはどうだろう?それなら遠くの方にもわたしの作品をご紹介できるかも!
何も知らないくせに、我ながら無謀です。しかし時間はあるのだから勇気をだそう!

わたしにとって、ガラスは宝石です。ちょっとむかしは、ガラスは安物、偽物というイメージもありました。わたしはガラスというこの世にひとつの宝石をつかったジュエリーなのだと思いながら作っています。
抽斗いっぱいの色ガラス棒を眺めて、組合せを考え、小さなバーナーで真っ赤に溶かして模様をつくり、時には金や銀の箔を混ぜ合わせ、再びそれを電気炉で焼いたり、何度も手を入れてひとつのガラスを創ります。
この世にひとつの、珍しい鉱石のような、磨かれた化石のような輝く宝石をつくりだす工程は何年やっても飽きません。
それに合わせる金属はすべて950銀です。銀の板や線を切り、やすり、伸ばし、叩き、ロー付けし、磨き、という彫金の技法を使います。手のひらに載るくらいの作品ですが、小さな仕事部屋にみっちり詰まった工具を駆使してつくるのです。
ガラスも銀も、古代から人々に愛された素材。丈夫で長持ちします。
流行にも左右されず日常のおしゃれを助けささえてくれる優しく気立てのよい子たちです。
もし、縁あってわたしの作品に出会い、お気に入りを見つけられましたら、あなたのこの世でたったひとつの宝石にしてやって下さいませんか。
2001年 朝日クラフト展入選
2001、2004,2007年グラスクラフトトリエンナーレ展入選

お知らせ

  • 自宅のマンション周辺の田んぼに、水が入り、田植えが始まりました。今年も、夜通しのカエルの大合唱が聴こえる季節になりました。

    砂漠の砂のチョーカー、紺青の星、アップしました。金トンボと、不規則なブルーのトンボ玉の組み合わせです。(5/26)

    砂漠の砂のチョーカーアップしました。作者の父が、30年近く前に、サハラ砂漠を横断した時のお土産の民芸品の、美しい砂のビーズと、金トンボビーズの組み合わせです。自然素材とガラスの組み合わせも、相性が良いのですよ。(5/23)

    極小星雲のループタイ(メンズ)アップしました。小さな星の爆発を、銀の覆輪でくるみこんだ、手間のかかったタイです。来月の父の日のプレゼントにも良いですよ。(5/13)

    モノクロームのリング、アップしました。覆輪留め、という技法を使った、大ぶりのリングです。人差し指に嵌めるのもおしゃれですよ。(5/3)

    藤紫と金の極小星雲ペンダントをアップしました。丸いガラスをカットした、不規則な形がおもしろいペンダントです。(4/10)

    極小星雲のペンダント、黒と紫と銀、をアップしました。渋めの色合いです。これからの季節ですと、白っぽいTシャツに合わせても素敵ですよ。(3/30)

    木漏れ日のリング、アップしました。木の葉ごしの金と緑の光のようなグリーンのリングです。(3/19)

    硝子のペンダント、極小星雲Bをアップしました。先日、銀河旅行、という題で出したペンダントを、極小星雲シリーズとして、極小星雲Aに変更しました。胸元にかざる小さなガラスの星雲、色や形を変えて、少しずつ作っていきたいです。(3/16)

    ガラスのペンダント、極小星雲・白金Aをアップしました。革ひもをつけたガラスのみのペンダントです。金銀箔が煌く小さな星雲を固めたガラス、銀河旅行のお土産!というイメージで楽しんで作りました。(3/10)

    おかげさまで、展覧会は無事終了しました。
    沢山の方においでいただいて、あっという間の三日間でした。
    やはり、直接作品に手を触れ、あれこれ身につけてみますと、お似合いになるものが、それぞれ違うのがよくわかります。会場の皆さんと、楽しくおしゃべりしながら、作者本人にも、新たな発見や嬉しい驚きがあります。
    展覧会の魅力のひとつですね。

    もっと創りたい!と元気をいただきました。本当にありがとうございました。

    ショップの作品も少し減りましたので、また少しずつ作っていきたいと思います。



    花蕾のブローチ、アップしました。小ぶりで、使いやすい大きさです。ニットなど厚手の服のワンポイントや、マフラーを留めるのにボタン代わりにしたり、色々使えます。(12/23)

    紺瑠璃のドロップペンダント、アップしました。綺麗な青に金箔が入り、ラピスラズリのようなガラスです。(12/16)

    ペンダントトップ、王冠をかぶったヘリオトロープ、をアップしました。(12/14)

購入者の声

一覧へ

  • ★★★★★
    [ドロップのリング950sil…]
    先程、作品が届きました。懇切丁寧な対応、大変感謝致しております。とても高貴な感じがする作品で、自分に使いこなせるかな?と不安で、作品を見付けてから半年位悩んだ末、諦めきれず購入しました。早速お箱を開…
    photo
  • ★★★★★
    [硝子のペンダント/極小星雲B…]
    有り難うございますとても素敵です。イメージ通りでした。またのちほど
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。