クリスマスキャンペーン実施中! 【iichi会員登録で10%割引券をプレゼント(12月25日まで)】 >詳しくはこちら<
  1. HOME
  2. 作家一覧
  3. 赤部焼

プロフィール

赤部焼陶房は、家族3人で営んでいます。
作品は、3人3様です。

 松本尚(たかし)は、

日常的に使う器つくりに励んでいます。
主に赤絵、染付の絵付け陶器を手がけています。

【伝えたい感覚  見せたい空気感  絵付け陶器の魅力とは?】

《陶の香り》・・・おおらかで、柔らかく、優しく、どこか懐かしい
・・・そんな空気感が香り立つような器でありたい。

肌に伝わる“描き絵”の感触、筆のタッチを知って
欲しいと思っています。


 松本空見子(くみこ)は、

元気にきちんとご飯を食べて機嫌よく生きる!〕そんな毎日を応援できる器が作れたら♪・・・    そんな思いで作っています。

販売は<まつもとそら陶器」>という名前で iichi に登録していますのでそちらをごらんください。


 稲垣芙生子(ふうこ)は、

 線刻、掻き落しなど得意で、現代的な感覚で作っています。
 
 只今、販売の準備をしていますのでもうしばらくお待ち願います。


  赤部焼の多くは、赤土に白化粧を施た生地に絵付けをしています。 

 陶器好きな方には、白化粧掛けは「汚れやすい、欠けやすい」という印象を持たれていますが、

 赤部焼は土と釉薬の収縮を調整して、柔らかな光沢を持つ釉薬を厚めに掛け、1240度で焼成する事で、陶器特有の貫入を防ぎ“丈夫で、汚れがつきにくい”器に焼きあがっています。

ピンホールは釉薬を施した時に表面を指でこすり極力なくしています。

それでも陶器は水分を吸うので、使用しているうちに色合いが変化しますが、
それが古色となり、なんとも言えない良い感じになっていきます。

 赤部焼の陶房は三重県津市の郊外にあり、緑豊かな環境です。
電車で名古屋まで1時間、大阪まで1時間半のところで、伊勢神宮、鈴鹿サーキット、菜花の里が近くです。

もっと詳しくは赤部焼のホームページ→ www.akabuyaki.netをどうぞごらんください。

購入者の声

一覧へ

  • ★★★★★
    [海老で鯛を釣る(染付鉢)]
    大~好き!!!
  • ★★★★★
    [ネコマグ(1)]
    実物を見たらもっと気に入りました❗おまけもとても可愛いです❗嬉しいです。ありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。