1. HOME
  2. 作家一覧
  3. 荒木侊嶽

プロフィール

  截 金(きりがね)

金銀白金の箔を細線状あるいは小さな三角・四角・丸などに切って貼り,文様を施す手法です。主に仏画や仏像などの彩色のために他の顔料とともに用いられます。金銀の泥を使って書くよりも装飾的効果が増し,また輝きを長く保つことができます。


【略歴】
荒木甚七郎(あらき じんしちろう)
 (号 侊嶽)
仏師
大正11年生まれ
昭和52年 宗教芸術院・斉前侊琳に入門。会員となる。
昭和53年 宗教芸術院展出品
昭和59年 京都宗教芸術講師・松久眞ヤに截金(きりが     ね)入門
各地で個展を開催,優秀賞を受賞。
現在国内では数名のみといわれる截金作家の一人です。
平成25年 没

荒木侊嶽の遺作を、娘の柴崎瑛子が代理人として販売させていただいております。

購入者の声

一覧へ

  • ★★★★★
    [十一面観音菩薩立像(B-11)]
    迅速な対応をしていただき感激しております。届いた作品も想像以上でした。末永く大切にして行きたいとおもいます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。