本藍染め麻風呂敷(境界) | PINT | ハンドメイド通販 iichi(いいち)
  1. HOME
  2. 雑貨
  3. 手ぬぐい・風呂敷
  4. 本藍染め麻風呂敷(境界)

本藍染め麻風呂敷(境界)

本藍染め麻風呂敷(境界)の画像1枚目
【1年ぶりに再入荷いたしました。以前の生地が生産停止となったため、同程度、やや厚地のリネン100%生地を使用しています。】


上質なリネン生地を90×90cmの大判布(風呂敷)に仕立て、本藍絞り染めで丁寧に染上げました。

風呂敷というと縮緬や、綿のものを思い浮かべますが、いかにも風呂敷といった感じや、ぺたっと重い質感の生地が多いものです。リネン糸のフラックスの、ややシャリ感のある糸を、ほどよい密度と軽さに織り上げた生地で、風呂敷として使える大判布。インテリアなどにお使いいただいても。

縫製糸にもこだわり、通常のポリエステル糸ではなく、本藍染めのような天然染めでも色が入る綿糸を選び、縫製を行なっています。

サイズは90cm角ですので、旅行や、荷物を運ぶときにしっかり使えるサイズです。生地は薄めでかさばらないので、「大は小を兼ねる」使い勝手の良い仕上がりになっています。


染めは、本場の徳島で修行を積んだ藍染め職人による本藍染め。蓼藍を発酵させたスクモと、小麦の麸などを用いて藍甕で染め液を作り、日ごとにかき混ぜて発酵を促しています。発酵しないと染めが入らないため、春〜秋にかけてしか染めが出来ない本物です。

デニムのような、いわゆるインディゴと呼ばれる化学藍と本藍は大きく異なり、化学藍では一回で綺麗に色が入りますが、本藍は何回も色を染め重ねて色を深くしてゆきます。
濃紺にするには、十数回も、藍甕に浸けて、出して、酸化させることにより染め、を繰り返してゆきます。
糸に入りにくい本藍は、その分色が出にくく、デニムの化学藍のイメージである、「色落ち」という点では化学藍よりも強いといいます。(摩擦にはお気をつけください。)


本藍染めは製品染めのため、風呂敷自体が出来上がってから染めを行ないます。
そのまま浸けると無地になりますが、絞り(しぼり)という技法で、柄を入れています。
絞りは、藍甕に浸けて染めを行なうときに、布を折り畳んだり結んだり、針を通したり、布を絞って形を変えて染めます。
その布の形により、染料が入る部分、入らない部分に分かれます。
これを応用して柄にしたものが、絞り柄と呼ばれるのです。
型などがあるわけではないので、はっきりした色の境はなく、全てグラデーションになります。
白から濃紺までの無限の強さの藍色が入り交じる柄は、奥深く本当に美しいです。


【柄】
濃藍と、ブルーに近い藍色の組合せが綺麗です。

【素材】リネン100%(本藍染め)

【サイズ】90cm×90cm(製品染めをしているため、多少縮みなどによる誤差が生じますので、ご了承ください。)

【お取扱い上の注意】
最初の数回は、通常の洗濯物とは分けて洗っていただくか、水通しをしてください。
本藍染めの場合、いわゆるデニムほど大きな色落ちになることは少ないです。
摩擦等により、色が移ることはございますが、風呂敷としてのご使用範囲内であれば、問題なくお使いいただけると思います。
色が移った場合でも、洗えば落ちることが多いですが、使用時にはご注意下さいますようお願い致します。
本藍染め麻風呂敷(境界)の画像2枚目
↑柄は違う柄です、サイズの参考にご覧下さい。

●本藍染めの色について
本藍染めは、ただの藍色ではなく、赤や緑など、様々な色が混ざってこの色になると言われています。
実際に日光の中で見たり、揺らしたりすると、赤っぽく見えたり、黒っぽく見えたり、紫っぽく見えたりと、豊かな表情を持つ布です。

染めを依頼している坂さんは、本場徳島で修行された本藍染め職人。
非常に綺麗に深く染めをしてくださいます。
絞り柄も、伝統的なものだけでなく、新しい柄や技法も取り入れ、使いたくなるような柄を一緒に考えてくださっています。
坂さんの染めに加えて、良い糸や布だと綺麗に染まると言われますが、本当によく染まりました。
本藍染め麻風呂敷(境界)の画像3枚目
藍甕です。

完全に天然の植物のみで作られた藍甕の染め液。
目と匂い、触感、ときには舐めて、状態を確認します。
良い意味で、様々な有機物が混ざってできています。
だからこその、この深い美しい色が出ます。

この本藍の藍甕に、絞り工程の仕込みをした布を浸けて、揉んで、しっかり生地に馴染ませます。
藍甕の中で色が入るわけではなく、空気(酸素)に触れ、酸化することで色が入るのです。
化学染料のように一度で色がくっきり入る訳ではないので、これを1日に数回、1〜2週間に渡って繰り返します。
こうして、回数と時間をかけて染め重ねて色を定着させてゆきます。
本藍染め麻風呂敷(境界)の画像4枚目
本藍染め麻風呂敷(境界)の画像5枚目
先を結んで、袋状のバッグに。
もちろん、四角に広げてお弁当包みのようにシンプルに包むのも便利。
シンプルな薄い大判四角布は、シンプルなだけに使い方は無限大です。

写真の柄は、
本藍染め麻風呂敷(山路岸) http://www.iichi.com/listing/item/200275
です。

配送方法・送料

配送方法 追跡 補償 送料 追加送料
[?]
同じショップで複数の作品を購入した場合の追加送料。
複数購入した場合の送料は「金額の高い方の送料」が
適用され「その他の作品の追加送料」が加わります
発送までの目安
ゆうパック
¥700 〜
地域別の送料を見る
東京都内 ¥700
北海道 ¥1,200
東北 ¥800
関東 ¥800
信越 ¥800
北陸 ¥800
東海 ¥800
近畿 ¥800
中国 ¥1,000
四国 ¥1,000
九州 ¥1,200
沖縄 ¥1,400
¥0
2日
・都合により遅くなる場合は、事前にご連絡致します。 ・お届け日時のご指定がある場合は取引ナビにてお知らせください。(レターパック、メール便は指定できません)
クリックポスト -
¥250
¥0
※ 作品20,000円以上のご注文で送料が無料になります。 (同ショップ内)

ご購入の際の注意点

・ 型を用いた技法ではなく、一点一点全て手作業のため、微妙に柄は異なりますので、ご了承くださいませ。柄パターンは同じですので、極端に柄の大きさやパターンが違うことはありません。
・ご注文時、複数在庫があり、またその在庫の中で柄の違いが見られるものがありましたら、簡単な写真をお送りしてお選びいただきます。

ショップへの感想コメント

(376)
東京
お気に入りに保存
本藍染め | ハンカチ/風呂敷
本藍染め | ハンカチ/風呂敷
蓼藍(たであい)を発酵させた蒅(すくも)や、灰汁、小麦の麸など、天然の素材のみを使って発酵させた染め液で、一点一点手で染め上げた「本藍染め」。藍染めには様々な方法がありますが、この「本藍染め」は最も伝統的で、藍本来の特性を活かした方法です。

染め液は全て天然のもので作られています(職人さんは、目や鼻だけでなく、舐めて状態を確かめることもあるそうです)。Pint!の本藍染めハンカチは、これにオーガニックリネンを組み合わせています。
¥11,550
在庫数:2
20,000円以上のご注文で送料無料
(同ショップ内)
  • ギフト対応可

蓼藍(たであい)を発酵させた蒅(すくも)や、灰汁、小麦の麸など、天然の素材のみを使って発酵させた染め液で、一点一点手で…

販売

PINT

その他の作品:366

お気に入りに保存

日本の職人と作る、素材を活かしたものづくりブランド。日々の暮らしの中で、道具として心地よく、長く寄り添えるものをつくり…

¥11,550
在庫数:2
20,000円以上のご注文で送料無料
(同ショップ内)
  • ギフト対応可
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。

作品が再出品された時にメールでお知らせします。
(※利用者の情報は通知されません)

処理中にエラーが発生しました。
しばらくしてからもう一度ボタンを押して下さい。

何度もエラーが起きる場合はiichi運営事務局までお問い合わせ下さい。