Yuya Kobayashiのショップ | ハンドメイド通販 iichi(いいち)
  1. HOME
  2. 作家一覧
  3. Yuya Kobayashi

プロフィール

鍛金家の小林有矢です。日本の伝統的な金属造形技法である鍛金・彫金技法を用いて、東京都稲城市で美術作品、鉄フライパン・中華鍋などの実用品を制作販売しています。

鍛金技法そのものも一般的にあまり知られていませんが、その中でも絞り技法をメインに制作しています。絞り技法は一枚の金属板を金鎚で絞るように叩いて造形する日本古来の伝統技法です。刀などを作る鍛冶(鍛造)から派生し、甲冑や鍋などの器、美術装飾品を作る技法として近代に至るまで発展してきました。ただ現代に於いては機械加工技術の進歩により、失われつつある技法です。

よく知られた真っ赤な鉄を打つ鍛造(熱間加工)とは異なり、絞り技法では鉄を焼き鈍し(やきなまし)という熱処理によって柔らかくしてからゆっくりと冷まし、当て金(あてがね)という道具に当て金鎚で外側から叩いていく冷間加工です。 冷間加工の絞り技法は温度変化による材料の硬さに変化が無いため、じっくりと思ったように成形することができます。金属の板は金鎚で叩かれると硬くなりますが、再度焼き鈍しという熱処理を行うことで再び柔らかく加工できるようになります。この加工と熱処理の工程を繰り返す中で次第にただの金属の板が作品へと変化していきます。

熱間加工の鍛造や鋳物、スピニング(へら絞り)・プレス・鍛造機(機械式ハンマー)などの機械加工に比べれば格段に時間と手間がかかりますが、仕上がりは均一な厚みで軽く、強靱です。手仕事ゆえの心地よい形を作ることができ、また機械では作れない複雑な形状を作ることもできます。

代金引換やPayPalで商品を購入希望の方、美術作品・その他のお問い合わせにつきましては下記ホームページ・オンラインストアをご覧下さい。

http://www.yuyakobayashi.com

絞り技法(鉄打ち出し・鍛金技法)によるフライパン制作風景
https://www.youtube.com/watch?v=NIN-8_nDh0Y

**Real Classic Ironwareとは**

Real Classic Ironwareは溶接やスピニング(へら絞り機)、プレス、鍛造機(機械式ハンマー)などの機械を使用せず、一枚の鉄板から伝統的な絞り技法(鍛金技法)により金槌だけで打ち出した本当に手作りの鉄フライパンや中華鍋などの鉄製調理道具です。

**返品交換について**

全ての作品及び商品は仕上げ時の色ムラや制作時に金鎚でついた跡などは研磨したりせずそのまま風合いとして残してある場合があります。そのため写真とは色や形に異なる部分がございます。写真との差違、色ムラや小さなキズでの返品交換は致しかねますので、ご理解の上ご購入下さい。

万が一商品に明らかな不具合がある場合は該当箇所を修正するか、代替品の在庫がある場合のみ交換いたします。商品到着後14日以内にメールでご連絡ください。また新品未開封未使用の場合に限り、商品到着後30日以内であれば返品が可能です。それを過ぎますと返品交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。

お客様のご都合による返品交換には応じかねます。返品交換にかかる送料はお客様負担となります。

**商品の保証・修理について**

通常使用におけるサビや変形を無期限で無償修理いたします!商品に彫られたサインが確認できれば必要書類等はございません。お手数ですが往復の送料はお客様負担となります。また穴が空くほど放置されたサビや著しい変形等で修理を承れない場合もございます。

お知らせ

購入者の声

一覧へ

  • ★★★★★
    [11インチ Real Cla…]
    持ち手が手に優しく、大きくても、あまり、重たく感じない。縁がしっかり立ち上がっているので、食材がかき混ぜる時、こぼれ出なくていい。ぴったりの蓋は、少し深みがあって、蒸すのにもいい。丁寧な手仕事が感じ…
  • ★★★★★
    [7インチ Real Clas…]
    初の鉄のフライパンとして購入致しました。 10日程使用致しましたが、とても気持ちよく料理が出来ています。卵3個くらいのオムレツに最適なサイズ!持ち手が一体になっているおかげでフライパンが思い通りに動…
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。