1. HOME
  2. 作家一覧
  3. ススム タナカ

プロフィール

私は、34歳の若さで脳腫瘍の病魔のため亡くなった現代アートの画家 ススム タナカの父親です。亡き息子の代理人として皆様からのご質問やご意見にお応えいたしますので、ご遠慮なくお問い合わせください。

私ども両親は、5年前鎌倉から家内の故郷・名古屋に移り、息子の作品(遺作)をご希望の方に広める活動をしております。息子は東京・杉並のアトリエに、両親は本郷に住んでいましたが、手術後本人の希望で鎌倉に一緒に住むことになりましたが、1年足らずで再発、惜しくも天界に召されました。

ススム タナカ(本名・田中 進) 1968年(昭和43年)11月28生
1992年・東洋美術学校造形デザイン科4年課程卒
1994年・SALON D'AUTOMNE(PARIS)サロン・ドートンヌ展
      入選・出品
1997年・SALON D'AUTOMNE(PARIS)サロン・ドートンヌ展
連続入選・出品
1998年・SALON DE MAI(PARIS)サロン・ド・メ展
      招待出品
1999年・SALON DE MAI(PARIS)サロン・ド・メ展
      連続招待出品
フィナール国際美術展,続14回入選
ART BOX大賞展連続4回入選
個展5回(国内4,パリ1)、グループ展2回(パリ 、ニューヨーク) 、全体展15回。
1996年・PerfecTV「ススムタナカの現代アート」に30回出演
1998-99・TBS「はなまるマーケット」のスタジオ美術に採用
ほか美術関係図書、雑誌などに掲載多数

2003年(平成15年) 脳腫瘍の再発により鎌倉にて逝去
2004年(平成16年) 一周忌を迎え両親により鎌倉小町通のギャラリーにて遺作展開催 、多くのマスコミに取り上げられる

30歳までにフランスの二大美術展の栄誉を4回いただき、フランス美術界から「色彩の魔術師」とその才能を高く評価され、その早世を惜しまれました。
また、世界トップのオークションハウス・クリスティーズ(本部
ロンドン)からも
 「きわめて洗練されたセンスと技量が感じられるレベルの高い美術作品だ。過去欧米で評価を受けたのも同様の理由によるものだろう。将来作品がコレクターなどから世に流通されてくるセカンダリーマーケットの段階になったら扱いましょう」
との評価も頂きました。世界のどこに出しても認められる現代アート作品です。
しかし、できるだけ多くの皆さんにご所蔵いただきたく、価格の面では破格のお値段にしてありますので、作品に惹かれる方はどうぞお早めに。

父・田中務がつくりましたHPもご覧ください。

     http://www.susumu-art.com

このエントリーをはてなブックマークに追加
ススム タナカ

ススム タナカ

愛知
お気に入り作家に保存
メッセージを送る
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。