1. HOME
  2. 作家一覧
  3. 児玉修治

プロフィール

-緊張感と佇まいのある器-

独立して10年、茶の湯の勉強をして7年になります。
日常に“ピリッ”とした感じを演出したいという思いが、
いつも作品作りの根底にあるような気がします。

手にとって使うものだから、質感とフォルムの追求こそが
自分にとって重要なポイントだと・・・

素材が磁器であっても陶器であっても・・・
用途が茶器であっても雑器であっても・・・


[略歴]
1980年福岡県生まれ
2001年京都伝統工芸専門学校(現 京都伝統工芸大学校)卒
2001年丹波焼「窯元 やまの」に弟子入り
2005年『陶工房 希器』設立(兵庫県加古川市)

[主な個展・グループ展・クラフトフェア]
児玉修治のうつわ「いつもそこにあるかたち」@bocagrande,2nd & bucket(姫路 2012・2015)

「クラシック オブ フォルム」@ふく蔵(加西 2015)

ひめじクラフト・アートフェア(2012~2015)
アート・クラフトフェスティバル IN たんば(2011・2013)
ごてんばアート・クラフトフェア(2010・2011・2014)

web http://kiki-utsuwa.net/

購入者の声

一覧へ

  • ★★★★★
    [コーヒードリッパー&ピッチャ…]
  • ★★★★★
    [マグカップ 碧-peki-]
    綺麗なブルーグリーンの色合いと、手に馴染みやすそうなフォルムに惹かれて購入しました。 届いたカップは・・・思った通り、いい感じです。見た目の質感よりも軽いですね。穏やかに日常に寄り添ってくれそうなた…
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。