クリスマスキャンペーン実施中! 【iichi会員登録で10%割引券をプレゼント(12月25日まで)】 >詳しくはこちら<
  1. HOME
  2. 作家一覧
  3. Revive

プロフィール

はじめまして、『螺鈿ピューターアーティスト』の星川はると申します。

私は、日本とイギリスの伝統素材をミックスさせた、世界初・世界に一つの作品制作をしています。


螺鈿(らでん)やピューターという言葉は聞きなれないかもしれませんが、このどちらの素材にも「感動的な美しさ」があり、私はそこに惚れこんでいます。縁あってこの2つの素材と出逢った私は、これらの素材を使って日常で使えるこだわりの一点物を作りたいと思いました。

(素材の説明は文末に記載させて頂きます)

この魅力に引き込まれた私は、素材の生まれや歴史を更に詳しく知りたいと思い、様々な角度から文献を調べました。特に螺鈿の歴史を紐といていくと、そこには非常に興味深い事実がありました。


螺鈿の起源は中近東と言われ、シルクロードを経て奈良時代に唐(中国)から日本へとやってきました。平安時代には蒔絵との併用で、その技術も急速に向上し日本の人々に愛されました。その後、安土桃山時代にはヨーロッパとの貿易が盛んになり、輸出用にヨーロッパ向けの箪笥やコーヒーカップが多く作られ、ヨーロッパで高級品としてのステータスとなりました。しかし、江戸時代の鎖国により貿易は縮小。再び日本向けの商品に集中することとなりました。


私はこの歴史を知った時「もう一度途絶えてしまった歴史を甦らせたい」と、強く不思議な使命感に駆られました。

現在私は京都の螺鈿職人さんと共同で制作にあたっており、その現状を見ていると「こんなに美しく綺麗なものを日本から無くしてはいけない」という気持ちにもなります。私はこの歴史を知った時「もう一度途絶えてしまった歴史を甦らせたい」と、強く不思議な使命感に駆られま
した。

現在私は、京都の螺鈿職人さんと共同で制作にあたっておりますが、その担い手不足や素材の減少を見ていると「こんなに美しく綺麗なものを日本から無くしたくないなぁ」という気持ちになります。

どの商品デザインも「日本の美しさ」をテーマとしており、日本にしか無い良さを表現できるようにと思ってい
ます。


江戸時代に途絶えた歴史を、この現代にしかない新しい形としてアレンジすることでまた甦らせるという意味を込め、ブランド名を「Revive」(よみがえる)としました。

モノが溢れる今の時代に「本当に欲しいモノ、本当に人にあげたくなるモノ」とは何かを考えた時、それは、人の心に残る、たった一つしか無い物であると思いました。




【螺鈿】
「螺」とは貝、「鈿」とは嵌(は)める・鏤(ちりば)めるという意味を持った言葉です。貝の内側の虹色光沢を持った真珠層の部分を切り出して研磨し、板状に薄くしたものを使用します。主に漆器や帯など日本の伝統工芸に用いられてきた装飾加工の一つです。


【ピューター】
錫が主成分の合金で、他の金属のように錆びたりすることなく、耐変色性に強いと言われています。
融点(固体の溶ける温度のこと)が約250度と他の金属に比べて低く、適度な柔らかを持ちます。
ピューターが本格的に使用され始めたのは、ローマ時代と言われ、非常に扱いやすい金属だったことからイギリスだけでなくヨーロッパ中で、日常雑貨に一般的に使われる様になっていきました。

購入者の声

一覧へ

  • ★★★★★
    [3Dアートネックレス]
    おはようございます、道上です♪ 無事に届きました! ありがとうございました。 どれも素敵ですね~♪ 好きな紫にして頂いて良かったです(^-^)v。
  • ★★★★★
    [iphone7/6/6s/6…]
    とてもキレイです。 大事につかいます。ありがとうございました
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。