1. HOME
  2. 作家一覧
  3. nakobo

プロフィール

こんにちは。「nakobo」の登坂尚子(とさかなおこ)です。「羊毛からのものづくり」を主体として手仕事をしています。
1969年東京生まれ。牡羊座。誕生数33。現在は茨城県つくば市在住です。広々とした景色の家で、料理好きのダンナさんと二人暮らしをしています。

日常を丁寧に過ごすことを大切に暮らしています。
慌ただしく暮らしていると見過ごしがちな嬉しいことを、捕まえるのが大好きです。
庭の雑草、朝露の美しさ、冬の霜の結晶。美しいもの、こころ震えるものは、すぐそこにあるのです。
そんな写真はこちらからどうぞ。
https://www.instagram.com/tosakanaoko/


【 略歴 】

 この仕事をはじめたきっかけは、高校生のころ、近くのデパートに織り機があって、コースター?を体験で織ることができました。やってみたかったけれど、恥ずかしくてできず...。その後はすっかり忘れていたけれど、大人になって再び思い出し、1994年から織りの教室に通い始めました。
 その後草木染で糸を染めはじめ、糸紡ぎもはじめました。木綿なら栽培もできる、と100坪以上の畑を借りて綿花栽培をしていたころもあります。自分で育てた綿花を収穫し、紡ぎ、染め、織って、ブラウスを仕立てたのは格別でした。

 2008年から「nakobo」として活動を開始し、やわらかい色調のマフラーやショールを作り出してきました。とにかく軽くてやわらかい、つい手にとってしまう、と好評です。


【 現在の手しごと 】

 nakoboのマフラー、ショールは、刈り取ったままの羊毛を購入し、汚れや油をきれいに洗い、染めたい場合は化学染料で染めて、足踏みの糸車で糸を紡ぎます。空気をたくさん含んだ、とても軽い糸です。
 その糸を大きな織り機にかけてやわらかく織ってから、お風呂場で素足で踏んだり、お湯にくぐらせたりして仕上げます。
 全ての工程を、ちょうどいいだけの時間をかけて、私ひとりで作り上げています。

 マフラーやショールなどの制作のほか、2012年からフェルトボールのマスコット「しあわせはこぶ*おまもりcororin」の制作、販売をはじめました。「こころほっこり*あったかほろりん」「手のひらサイズの安心感*でかころりん」など、あなたを応援する存在たちがたくさんいます。
2016年からフェルトボールのピアスの制作、販売開始しています。
マスコットたちとピアスは他サイトで販売中です:http://nakobo.ocnk.net/


【 出展、展示歴 】
つくばスローマーケットvol.3(2010年)〜vol.11(2017年) のうち、計7回出展
癒しフェスタ2015 出展
他、地元のイベントに10回ほど出展

3人展(2016年4月 東京・目黒)
個展(2016年12月 東京・築地)

ヒツジパレット2012、2015出品
他、合同作品展は10回ほど出品


【 現在制作している作品、活動 】
・羊毛を紡ぎ、織ったマフラー、ショール
・紡いだ糸を使ったアート作品

・「しあわせはこぶ*おまもりcororin」などのマスコット
・まんまるピアス
・糸紡ぎワークショップ    など

* * * *

手にとってくださった方が
 ほっとするもの
 くすっとうれしくなるもの
 おまもりとなるもの

あなたの内側にある
とても大切ななにかを
あなたの手のひらのなかに

このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。