クリスマスキャンペーン実施中! 【iichi会員登録で10%割引券をプレゼント(12月25日まで)】 >詳しくはこちら<
  1. HOME
  2. 作家一覧
  3. ぬくもく

プロフィール

日曜大工が趣味の普通のサラリーマンだった。

机、いす、棚。
家の中のものは何でも作った。
もう置き場所もなくなるほどに。

大きなものに挑戦してくなって一念発起、手作りのログハウスに挑戦した。
雑誌や本で情報を仕入れ、仲間に教えを請うた。

最初は整地から。
建物部分の10坪ほどの木を切り倒し、根を掘り返す。
山で材木を買い付ける。その数100本ほど。
トラックに積み、家族揃って組み立てに出かける日々。

そして思いが募っていった。
「ああ、やっぱり、こういう仕事がしたい」
4年がかりで完成させたとき、視線はもう次のステップに向いていた。
ログハウスは知人に譲り、会社を辞めた。

職業訓練校の木工家に通うこと1年。
あとは独学で家具作りを学び、1996年に田主丸町に手作り家具工房「木のぬくもり館」を構えた。

すべて、オーダーメードの一品もの。

「より自然に近いものを」と、木材にこだわる。
1本の木からとれるつなぎ目のない無垢材を使用。
化学合成材は使わず、塗装は自然塗料を用いる。

木は「呼吸」する。

湿度により伸び縮みする。
時間に追われて無理に作業を進めると、接着部分がはじけてしまうこともある。

「木の性質を熟知して使い道を考えないといけない。奥深く、難しいところがまた、おもしろい」

自然の中で息づいていた木々の命、その記憶をつなぐかのように。
息づかいを感じながらの聞きの「第二の人生」を見つめ、
「孫の代まで使える家具作り」を目指す日々である。

こちらに詳しく書いています。
http://kinonukumorikan.com

購入者の声

一覧へ

  • ★★★★★
    [スツールA・アルダー材]
    高さ、色、質とも希望通りです。ありがとうございました。
    photo
  • ★★★★★
    [スツール1・ブラックウォール…]
    素敵なスツールが届きました。 お写真通りですが、手にとった質感もとてもよくて気に入っています。脚のかたちがさりげないけれどきれいで、ありそうでなかったデザインのものに出会えて嬉しかったです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。