1. HOME
  2. 作家一覧
  3. Huduru

プロフィール

京都で呉服(着物・帯)に金箔を装飾する京友禅金彩工芸の職人をしています。
桃山・江戸時代に確立された金彩工芸は帯や着物に金箔を施す技術です。
金彩工芸の魅力は施された金箔紋様が光線や見る人の角度によって紋様が立体的に浮かび上がること。
この金箔の特徴と不思議な作用を存分に生かせるデザインを心がけシンプルながら神秘的な作品づくりをしています。
また異分野の職人・作家たちとのコラボレーションによってインテリア・バッグ・財布等、実用品にもその技術を生かした商品を作っています。

京都呉服金箔加工
二鶴工芸
上仲昭浩

1969 京都生まれ
   高校卒業後7年間金彩工芸士の元橋宏太郎に師事
   後、家業である呉服金箔加工 二鶴工芸に入社。
1998 京都府工芸技術コンクール 帯 裂取金唐革 入選
   新・京ものコンペティション テーブルセンター入選
1999 京都府工芸技術コンクール 帯 松皮取金唐革 入選
2000 京扇子図案コンクール 銅賞
2001 京扇子図案コンクール 銀賞
2002 扇子うちわFADC 入選
2003 京展 着物 満天 入選
2004 京展 着物 月影 入選
2006 京都デザイン優品 ショルダーバッグ入選
2008 京の若手職人 京もの認定工芸士
2015 H27年度 全国伝統的工芸品 公募展 作品展
   デニム製 角帯 七宝 入選 
私の動画はこちら:https://www.youtube.com/watch?v=STSBImWAz9o



 

お知らせ

  • 二鶴工芸(フヅルコウゲイ)です。
    よろしくお願い致します。

    きままなブログやってます。
    http://blog.goo.ne.jp/hudurukougei
    http://blogs.yahoo.co.jp/uenaka0826

    下記の日程で出展しています。
    お時間よろしければ是非、お立ち寄りください。
    二鶴工芸 上仲昭浩
    京都職人工房「職人たちのマーチ」
    MARCH of CRAFTSMEN 2017 京都展

    2012年度よりスタートし、5回目の開催となる「職人たちのマーチ」。連綿とつむがれてきた伝統の技を未来へと繋いでいくため、日々腕を磨き続けている職人たちの現在形を今回もご紹介いたします。
    それぞれに分野やスタンスの異なる彼らが、「京都職人工房」を通し集うことで得た成果を展覧会の主軸としながら、そのあざやかな技術や発想を目撃できるような公開制作も行います。
    また、職人たちや作品にふれられるパーティやイベントはもちろん、同時開催として福井県の取り組みである「ONE by ONE:越前ものづくり塾」や「Kougei Now “Dialogue”」も同時開催することで、ものづくりと多角的に出会える場になっています。
    また、会期中は京都職人工房による限定ショップがオープンします。
    職人の手で作られた生活に彩りを与えてくれる日用品、装飾品が並びます。
    ぜひ、会場までお越しください。

    |会期:2017年2月23日(木)〜26日(日)4日間
    12:00〜19:00(最終日は17時まで)

    |場所:HOTEL ANTEROOM KYOTO
    京都市南区東九条明田町7番
    http://www.hotel-anteroom.com

    |レセプションパーティー:2月25日(土)18:00~20:00

    |公開制作(実演):2月24日(金)16:00〜19:00
    2月26日(日)13:00~16:00

    |同時開催:ONE by ONE:越前ものづくり塾」

    和紙、刃物、陶器、木工など伝統技術と、精密加工や繊維開発などの現代産業が一堂に集まる集積地、越前。日本海側の海運の拠点でもあり各地の文化を運んだ地でもある。越前ものづくり塾はそんな越前の持つ歴史と文化あるものづくりを、どう社会に発信し、次代に継承できる産業にするかを考えるプログラムです。今年度は、世界の名作と言われたアイテムを伝統工芸技術で置き換え、自ら持ちうる技術の強みや素材の特性を伸ばすプログラムを開催しました。既存概念に囚われない伝統の解釈とチャレンジをぜひご覧ください。

    |関連イベント:Kougei Now -Dialogue-
    京都工芸サミット

    “未来志向”をテーマに、3つの産地サミットで話された各分野の課題とアイデアの共有と、これからの工芸についてファシリテーターと作り手、つなぎ手、売り手、語り手たちによるクロストーク。

    [日時]:2017年2月25日(土)14:00-16:00
    [場所]:ホテル アンテルーム 京都 MEALS

    [TALK]:
    ・金谷 勉((有)CEMENT PRODUCE DESIGN代表)
    ・米原 有二(工芸ジャーナリスト)
    ・北林 功(COS KYOTO(株)代表)
    ・永田 宙郷(EXS Inc)
    ・新山 直広(TSUGI)、ほか

    Kougei Now -Visions-

    12月に開催したサミットで語られた職人たち現場の声を映像と文章で展示。未来に繋がる伝統工芸の現在とこれからを見つめる。そのほか、京都府クラフト・コンペティション受賞作品や若手職人が作る現代の生活に寄り添う工芸品の展示も行う。

    会期:2017年2月16日〜28日、10:00〜22:00
    場所:京都駅前地下街ポルタ(西通り)

    |問合せ:京都リサーチパーク株式会社 産学公連携部
    E-mail: dsn-info@krp.co.jp

    Curator:野口 卓海(hinemos)
    Assistant Curator:崎川 真璃絵
    Party:宮川 徳三郎
    Catering:VOLVER
    Graphic Design:本田 コウイチ
    什器設計:工藤 尭(to do)

購入者の声

一覧へ

  • ★★★★★
    [オーダー 本革製 セレモニー…]
    大変満足です。また、革製品があれば いろいろ拝見したいです。
  • ★★★★★
    [煙草入れ(小)洗い加工デニム…]
    とても良い品でした。ありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。