1. HOME
  2. 作家一覧
  3. 道楽かん工房

プロフィール

岡山県倉敷市山地の工房で張り子を作っています、私の父である眞鍋芳生の作品を倉敷の美観地区にあるTomoのお店から紹介したいと思っています。

道楽かん工房は、造形作家 眞鍋芳生が主宰する、張り子と土人形の工房です。
干支・おひなさま・招き猫・虎・鬼・桃太郎・金太郎・天神などのお面や人形、約100ほどの種類があります。
型に和紙を少しずつちぎって3重に張り乾かし、型から剥がし、ニカワで溶いた胡粉を塗って乾かし凸凹を削る行程を3回程繰り返します。最後に仕上げの胡粉を塗って乾かし、絵付けをしたら出来上がりです。
一つの張り子が出来上がるのに、約1週間ほどかかります。
手間ひま掛けて作られた張り子の『飾らない 温もり』を、ぜひ感じて下さい。。



ホームページ http://dooraku.natural-fabrics.jp/home.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。