クリスマスキャンペーン実施中! 【iichi会員登録で10%割引券をプレゼント(12月25日まで)】 >詳しくはこちら<
  1. HOME
  2. 作家一覧
  3. 福重久弥

プロフィール

400年以上前から国内向けの磁器、特に安い日用食器を生産してきたのが波佐見焼です。



「コンプラ椀」、「通い徳利」など特に元禄時代から幕末までの「くらわんか」の時代の波佐見は

世界に類を見ない巨大な登り窯で膨大な量の磁器を生産し、 それまで高価であった磁器を、

庶民が購入できる安価な物へと変え、磁器を庶民に普及させたという、大きな功績を果たしたのです。



そんな波佐見焼ですが、江戸時代は、積出港の名をとり「伊万里焼」と称され

明治以降は、積出駅の名をとり「有田焼」と称されてきました。



波佐見焼は、長い歴史と職人の卓越した技術によって引き継がれてきました。

伝統的かつ、確かな技術で、手作りの温かさと、静謐さを持った

本物のやきものを、安価に提供していきたいと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。