1. HOME
  2. 作家一覧
  3. kureha(紅葉)

プロフィール

Kureha(紅葉)

叔母に半纏をやりたいと言った私へ最初に言った言葉。
日本人の身体に馴染む裁断に細かな縫い方。
綿は、広げた瞬間に布を包み込むように切れないように注意をしながら入れること。綿は残さないように、かつ均等に入れて、襟先、脇まで気を配ること。
特別な事はなんにもないんよ。ただ、最後まで気を抜かんと着る人の軽いけど、暖かいなの一言の為に作るんよ。
私の一番大切な想いです。

昔から袢纏(はんてん)や褞袍(どてら)といわれる部屋上着、子供とお母さんが一緒にあたたかくなれるねんねこなどがあります。
古い着物を新しく何かに変えて、また使用するというリサイクルの考えは昔からの知恵です。

着物には反物にサイズの限りがあります。出来るだけ工夫しながら仕上げさせていただきます。
年配の方には身体にそうような工夫をさせていただきます。
子供用は見上げするなど、少しでも長く着ていただけるように、また色柄も工夫させていただきます。
アンティークな着物は傷みなどを見て出来る範囲で作っています。
もう一度日本の冬の良さを思い出してみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。