クリスマスキャンペーン実施中! 【iichi会員登録で10%割引券をプレゼント(12月25日まで)】 >詳しくはこちら<
  1. HOME
  2. 作家一覧
  3. キラット制作

プロフィール

■ガラス絵の歴史

ガラス絵は、13世紀にルーマニアの貧しい農民たちの間に生まれました。
彼らは礼拝堂にあるような高価なステンドグラスなど、手に入れることはできません。
そこでガラスのかけらを拾ってきて(ルーマニアは古くからガラス産業が栄えていました)、
それに絵を描くことを思いつきました。

『祈りたくなるような絵』―――
それをガラスの裏から描きました。
ススで黒く汚れても、表を拭けば輝きはよみがえります。
そして寝室に飾り、毎晩祈りました。

ガラス絵は、貧しい農民たちの『イコン』だったのです。

■ガラス絵の描き方

ガラスの裏から油絵具で描きます。ですから左右逆。
そして仕上がりも逆で、仕上げの部分から普通の絵と逆順序で描いていきます。
上から塗り直しができず、一発勝負。
乾くまで重ね塗りもできないので、時間がかかります。

最後に裏から銀箔を張りました。
絵の具を塗り残したガラスの隙間から、銀箔がキラキラします。

<お・ま・け>
ダイヤモンドはちょっと無理なので、スワロフスキーを1粒、フレームに飾りました。光が当たるとチカチカして、しあわせ気分増強です。

■キラット制作について

古くからの技法を用いて、現代的なモチーフを描きます。テーマは「女性の日常」。ありふれた普通の生活も視点を変えれば、特別な1日にすることができると思います。女性のうれしいシーンに目を向け、小さな空間に閉じ込めます。

「キラットQuirrat」はダイヤモンドの重さを表す単位「カラット」の語源で、アラビア語。小さくてもキラット輝く女性の暮らしを表現します。これを見て「さぁ、明日もがんばろう」と、元気が出るとうれしいです。

■プロフィール

グラフィックデザイナー、編集、取材、コピーライターなどを経験。6、7年前から油絵を描き始める。同時にガラス絵、水彩画、パステル画も楽しんでいる。

ブログ
http://skaldesign.blog.fc2.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。