1. HOME
  2. 作家一覧
  3. 染工房 正茂

プロフィール

手描友禅の技術や日本の伝統的な感性を使ってデザインしています。
日本人は自然とともに生きてきました。
自然は人々に恵みを与えながらも、ときに厳しく、ときに優しさを包み込む存在です。
染工房正茂はそんな日本人の伝統を受け継ぎ、その感性で制作しています。
装うことで日々の生活に寄り添い、優しい気持ちになれるものづくりを心がけています。

手描友禅 上仲正茂
1972年京都に生まれる。幼少の頃より絵を描くことが好きで、職人である父の影響もあり中学卒業の頃には自然と着物に絵を描く職人を目指すようになる。1991年京都市立銅駝美術工芸高等学校日本画科を卒業し、重要無形文化財(人間国宝)「友禅」保持者の羽田登喜男氏に師事。2004年13年間の修業を経て独立。2013年京もの認定工芸士「京友禅」に認定。

染工房正茂では、手描友禅職人の上仲正茂が1人で図案から仕上げまでを行います。
本来、京友禅では分業制作が多く、各工程に専門の職人がいます。
染工房正茂ではすべての工程を1人で行うことで、お客様の「想い」を具体的に表現できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。