1. HOME
  2. 作家一覧
  3. 二木 好文  

プロフィール

アイヒェ好房 Atelier Eiche(樫の木)
二木好文 (フタツギ コウブン)
1947年 北海道羽幌町生まれ
日本大学工学部機械工学科卒
日本生産性本部 経営アカデミー卒
国家検定1級技能士複写機
元)東京都技能検定委員
陶芸文化振興財団 会員 企画委員

神奈川県相模原市緑区(相模湖町)にて作陶中でしたが、’15年10月から隣町の相模原市緑区小渕(藤野町)へ移転しました。陶芸教室として、①釉薬を作る、②公募展への入選、入賞チャレンジ支援、③陶作基礎、の各コースを設けました。電気窯での精緻な温度コントロールを行います。
従来は、特殊な釉薬や、古代のイスラム系釉薬、葉脈模様の転写、焼成法などに、興味があり研究しております。初期の頃は結晶釉やラスター釉の検討を行っておりました。 2010年にはラスター釉と最古のエジプト青釉の壺にて陶芸財団展 大賞受賞。(毎年6-7月 六本木の 国立新美術館 にて開催)
2015年3月 東京陶芸展にて一般最多得票、東京都北区長賞 受賞。葉脈文転写技法の大皿。
2015年5月 陶芸財団展 伝統の部 審査員賞受賞
 開催;国立新美術館6月27日~7月5日
2016年 東京陶芸展 名誉顧問賞
2016年 国立新美術館 3F 陶芸財団展にて
     (6月23~7月3日、火曜休館) 
  7月2日pm2:00~「自作釉薬の基礎」
  の講義を行います。興味ある方、入場無料です。

お知らせ

  • ・H27年3月、東京陶芸展にて一般投票の部最多得  票。東京都北区長賞 受賞。

    ・H27年10月、アイヒェ好房(工房)を隣町の藤野町へ 引っ越し。相模原市緑区小渕 という地区です。ここ で教室を始めます。現在内部の整理、ペンキ塗りなど で過ごしています。 
     ①釉薬の作り方、(基礎、特殊釉、欧州系結晶釉)
     ②公募展への、入選、入賞、チャレンジ支援コース、
     ③陶作の基礎コース
     などを開設いたします。20号線に面した場所で、看板 を出しました。

購入者の声

一覧へ

  • ★★★★★
    [変形皿 Ra2]
    作品ありがとうございました。 大切に扱います。
  • ★★★★★
    [苧麻 葉脈文 ボウル]
    器届きました!いままでにない素敵な器です。大切に使わせていただきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
二木 好文  

二木 好文  

神奈川
お気に入り作家に保存
メッセージを送る
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。