1. HOME
  2. 作家一覧
  3. Aya

プロフィール

ステンドグラスになるはずのガラスたち・・・

しかし ステンドグラス制作の 絵の形にガラスを切って張り合わせる工程の中で沢山の破片が出てしまい それらは通常処分されます。

それぞれ美しい色がついたガラスが捨てられていく光景を何とかしたい・・・

そう思ったのが始まりでした。

捨てられるハズのガラスの個性豊かな形や色を生かすため一つ一つ丁寧に考えながら組み合わせ 電気炉で焼き溶かし、命を吹き込みました。

世界に一つしかない 玉虫色のグラスアートアクセサリーをご覧下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。