1. HOME
  2. 作家一覧
  3. HUIS -ハウス-

プロフィール

"日々の暮らしに馴染む上質な日常着"
高価・高品質な「遠州織物」を使用したシンプルな衣服。
ふくふくとした豊かな風合いを大切に。



■遠州織物とは?

“遠州織物”という言葉はご存知でしょうか?
静岡県西部に位置する“遠州”地方は、綿織物の一大産地。その歴史は江戸時代までさかのぼります。

自動車「トヨタ」「ホンダ」「スズキ」や、楽器「ヤマハ」「カワイ」など世界的な製造メーカーの発祥地である遠州。その高度な技術と職人志向は、現在の繊維業界においても浸透しています。

近年、アジアを中心とする安価な海外製品の輸入が急激に増えたことで、国内の繊維業産地はいずれも大きな打撃を受けました。
そんな中、元々高品質な綿素材作りが根付いていたこの地域では、大量生産で海外製品に対抗する道を選ばず、いっそう付加価値の高い品質を目指すことで、繊維業界における高品質な織物産地としての認知度は一層高まっていきます。

現在、“遠州織物”はヨーロッパの有名インポートブランドの生地としても使用され、パリコレクションやミラノコレクションといった世界最高峰のファッションショーで披露される衣服の生地として数多く用いられています。
品質には徹底的にこだわり抜く多くの有名ブランドが、世界中を探して行き着く「遠州織物」。
しかし、この高品質な生地が日本の、そしてこの遠州の地で生産されているということは、製品になってしまうと分からないことがほとんどです。

歴史ある産地で、昔ながらの機械によって丁寧に織られるその豊かな生地を、ありのままに使用したシンプルな衣服。これが「HUIS」のコンセプトであり、伝えたい価値です。



■シャトル織機とは?

生地を織る機械は織機(しょっき)と呼ばれ、「糸を通すためのシャトルがある"シャトル織機"」と「シャトルを使わない"シャトルレス織機"」があります。

近年生産されている生地はそのほとんどがシャトルレス織機によるもので、風圧や水圧を使って高速で糸を運びます。
一方、シャトル織機はシャトルレス織機の10~20分の1という低速度でしか織ることができず、また工程において職人の手作業を多く必要とする極めて非効率的な織機です。

しかし、糸に負担を掛けないよう、ゆっくりと時間を掛けて丁寧に織ることで、きめ細かく、表面に凹凸感のあるふっくらとしてあたたか味のある風合いの生地が生まれます。
また、高密度で織ることから耐久性が非常に高く、シャトル織機で織った生地から作られた服は長く愛用できることも特徴です。

この素材感こそが、身体にやさしく馴染み、長く愛着を注ぐことが出来る衣服の源。「HUIS」の服にはすべてシャトル織機で生産された生地を用い、使うほどに馴染む自然な風合いを大切にしています。

購入者の声

一覧へ

  • ★★★★★
    [タイプライタークロスコットン…]
    無事に届きました! ボタンが大きくて とても可愛いシャツです 同僚のために買い求めましたが とても着やすそうです ありがとうございます
  • ★★★★★
    [コットンリネンブラウス[レデ…]
    ずっと白シャツを探していました。襟と袖とボタンの付き方と麻が入っているのが気に入って、一目惚れで買いました。届いて着てみたら、思った通り!シルエットもステキです。遠州織物は初めて聞きました。やわらか…
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。