1. HOME
  2. 作家一覧
  3. Rang Sarang

プロフィール

初めまして。単独インドに渡り10年が経ちました。
Rang Sarang は ヒンディー語でカラフル。色が溢れかえっている様子。
所変われば言葉も違い、主食、好きな食べ物も異なるインド。
テキスタイルも多種多用で色の組み合わせにはっとさせれることもしばしばあります。

この国のハンドメイドに魅了され、少量づつ、シンプルでありながらも飽きの来ないデザインの布や小物を職人と一緒に考え作っています。

主にブロックプリントと呼ばれる色ごとに木版を重ねて押していく手間のかかる染色技法がインドの伝統技術として現在でも行われています。
木版制作の技術、コスト面、天候に左右されるため量産には適しません。シンプルな柄で1-2種類、細かい柄で6種類の木版を6回押し1つのデザインが出来上がります。
色の組み合わせを考えたり、繊細なデザインの木版を注文したり、別の職人にビーズワークをお願いしたり、アイディアから製品になるまで、1シーズン以上かかる事もありますが、彼らの心意気というか、大量生産にはないプラス@を楽しみながら使って頂ければ、うれしく思います。

インド国内のホテル、ショップで販売しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。