クリスマスキャンペーン実施中! 【iichi会員登録で10%割引券をプレゼント(12月25日まで)】 >詳しくはこちら<
  1. HOME
  2. 作家一覧
  3. Mayumi Esme

プロフィール

東京・表参道の閑静な住宅地にひっそりとアトリエを構える小さなお店です

◆◆◆BRANDS◆◆◆

『ESMÉ -エズメイ-』

"聡明さは、美しさ"

自尊心高く、知的で行動的、それでいて愛嬌のある粋なひと。
都会的で力強く、生き生きと輝く女性の姿を、色とりどりの天然石やガラスビーズで表現します。四季を彩る花々のイメージに重ねて。

英語圏の女性の名前「Esme」はフランス語が由来で
「自尊心のある」「愛されている」などの意味が込められています。
また、語源は5月の誕生石「エメラルド」にも。

ESMÉのジュエリーには、意志があり、主張があります。
私たちがクローズアップしたい女性の姿は、一般的に「女性的」と聞いたときに多くの人が連想するであろう「華奢」「繊細」「奥ゆかしさ」といったイメージではなく、生き生きとした力強さや、社会生活の中で輝く凛とした出で立ちなのです。

******
『Lanaria by ESMÉ -リナリア バイ エズメイ-』

"遊び心と、恋心"

リナリアとは、姫金魚草のこと。コロンとしたカラフルな花をたくさんつけて、春を彩るにぎやかな花です。

一見するとESMÉとは対照的な、もう一つの表情ーーちょっとした遊び心や、大胆不敵な恋愛模様をポップでキッチュなビーズで表現します。計算し尽くされた「スキ」、おとなの可愛げあるギャップは人を惹きつけて離しません。

ESMÉ と Lanaria by ESMÉ のジュエリーが、多くの女性にとってcharmとなりますようにーー

◆◆◆Message◆◆◆

子どもの頃からガラスビーズや天然石が好きで、そっと手にとってはドキドキしていました。ひんやりとした感触、飴玉のような彩り、神秘的なやさしい輝き…。しっとり重いその小さな石たちは私にとって宝物そのもので、手のひらにのせて眺めているだけで、何か不思議な力をもらえるような気がしていました。

私が初めてアクセサリーを作ったのは、7歳の頃です。
幼馴染のお母さんが、子どもたちを集めてビーズアクセサリー作りを教えてくれるという誘いを聞いて、ワクワクしながらお宅にお邪魔したのをよく覚えています。そのときに作ったのは、シードビーズの小さなブローチでした。おもちゃのプラスチックビーズしか手にとったことがなかった私にとって、小さくてキラキラしたたくさんのガラスビーズを編んでアクセサリーを作るということは、鮮烈な体験となって心に刻まれました。

それから長く趣味としての制作を続けていましたが、ここ数年で、ブライダル・ジュエリーを作る機会が何度かありました。旧友たちと、自分自身、そして夫のためのブライダル・ジュエリーです。

誰かの人生に華を添えることができるというのは、なんて素晴らしいことなのだろう、そう思いました。ウェディングのような人生一度の晴れの日でなくてもいい、誰かの人生のある一日に、ささやかな華を添えることができたら…。

そうして生まれたのが、『ESMÉ』です。

天然石は、一つとし同じものはありません。ある一粒の石と出会い、その石が一番映える、一番魅力的に見えるデザインを見つけてジュエリーに仕立ててあげることができたとき、私はこの上ない感動を覚えます。

いつも願うことは、
「一番似合うひとに見つけてもらえますように」
「魅力を引き出し合えるような、誰かのもとに届きますように」

そしてそれが、そのひとのcharm(魅力・お守り)になりますように。

そんなことを考えながら、我が子をいつくしむように制作しています。

◆Mayumi Esme(まゆみ エズメイ)◆

1987年5月生まれ。早稲田大学文化構想学部卒。誕生石はエメラルド、誕生花はスズラン。
幼い頃からガラスビーズや天然石に魅せられ、2015年、『ESMÉ エズメイ』『Linaria by ESMÉ リナリア バイ エズメイ』の2ブランドを立ち上げる。

神秘に満ちた天然石と、夢色に輝くチェコビーズと、土に根を張り生きる花々が大好き。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。