クリスマスキャンペーン実施中! 【iichi会員登録で10%割引券をプレゼント(12月25日まで)】 >詳しくはこちら<
  1. HOME
  2. 作家一覧
  3. 小畠正明

プロフィール

1961 武蔵野美術大学 西洋画科 卒業
    自由美術展・二紀展 入選
1976 元陽会に所属 1984 元陽会賞
1991 木版画を始める。
    日本板画院展(新人賞)
1992 現代版画コンクール 
    版画<期待の新人作家>大賞展
1993 ガラス絵を始める。
    上野の森美術館大賞展(油彩)
1996  元陽会展(文部大臣奨励賞)
2005  所属会派を離れ、フリーとして作品発表

18年前にガラス絵と出会い、ガラス絵の持つ色の鮮やかさ、爽やかさに魅了されて、今はガラス絵を中心に発表しています。

<ガラス絵とは>
透明な板ガラスの裏面に絵を描き、表の面から観賞する絵で、普通の絵とは、ほぼ逆の順序で絵具を塗りかさねます。中世のヨーロッパ各地で制作され、日本では江戸後期から制作されビードロ絵、瑠璃絵などと称された。と聞き及んでいます。
私の制作するガラス絵は、従来のガラスの割れ、絵具のひび割れをなくすために膨張率の同じ素材を求め、
アクリルガラスにアクリル絵具を使用して制作しております。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。