1. HOME
  2. 作家一覧
  3. いしい さえ

プロフィール

自然と共にありたいという気持ちのおもむくまま京都洛中より、京都市北部の緑豊かな山あいの集落、花背へ工房兼住居を移転
無農薬で家庭菜園をしつつ、四季のうつろいを日々感じつつ、虫や動物と話をしながら、器を作っています。

古くは葉っぱを使っていた頃から現代まで、生活に欠かさず人の傍にある器。
豊かになったといわれる今日、本当に豊かな心をもって生活をできているだろうか。そんなことを自分に問いただす。時間に追われ忙しく暮らす中で、小さな小道具一つではあっても、少しでもその人
の過ごす時間をやんわり、はんなりとさせるお手伝いができればと願いつつ器作りをしています。

美術全般以外にも動物、植物、人文、いろんなことに興味を持ちつつ、柔軟に、新故凡奇関係なく自分の感性、感動に素直であるよう。
何気なく、でもそこにしかないものを。日々の生活の中で、人をもてなす時に、ちょこっと役に立てるように。そんな小道具でありますように。

朝日現代クラフト展入選
個展、グループ展など

このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。