1. HOME
  2. 作家一覧
  3. 八月のうさぎ

プロフィール

「八月のうさぎ」は、パタンナーの小谷恵美子、セレクトショップオーナーの平井麻子が2人で作る銘仙リメイクです。

大正から昭和初期にかけて、庶民のおしゃれ着だった絹織物「銘仙」。今では織られることのない、その独特の文様や色彩に魅せられて、少しずつ集めたきもの、はぎれ。織った人、縫った人、袖を通した人たちの、手のぬくもりと時間を感じながら、はさみを入れさせていただき、新しい形へとリメイクしています。

「古布」の美しさをお伝えするだけでなく、日本のきもののエッセンスや和の心をそれとなく感じさせる服作りができたら…とても幸せです。

◆制作日記を掲載しております。http://usagi-8gatu.petit.cc/

購入者の声

一覧へ

  • ★★★★★
    [銘仙×コットンリネンの小さな…]
    素敵なマフラーが届き感激しております。 細部まで作家様のデザインのセンスの良さが感じられます。 大切に使わせていただきます。 近くお店に伺いたいと思います。楽しみができました。ありがとうございました。
    photo
  • ★★★★★
    [播州織×銘仙パッチワーク「い…]
    グレージュの生地で出来ているガウチョパンツは、トップと合わせ易く、着回しが利きそうです(*^^*)
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。