作り手の技術と工夫が詰まったものづくり。
飾らず、かっこよく、使っていて気持ちがいいもの。
暮らしに身近な工芸、取り入れてみませんか。

編集後記

昔上京してくる時に、離れ離れになる友人が竹のざるとお箸をプレゼントしてくれたことがありました。料理もしたことがない私にその贈りものはとても新鮮で、ああ、これから私が自分で「暮らす」んだなあと新しい生活のことを意識したのをよく覚えています。そのざるでお蕎麦を食べては、茹で時間がちょっと足りなかったな、と毎日当たり前に食べていたものの美味しさを思い出したりしていました。ざるとの付き合いも、もう随分長くなりました。

iichi通信バックナンバー

2014.2.20
はーやく来い。
2014.2.18
ラブ・レザー。
配信停止をご希望の方はこちらよりお手続きください。