「付き合い長いね、私たち。」
そんな会話が交わしたくなるほど、じっくり、ゆっくり、
共に時を重ねるのが楽しい革の作品たち。
毎日使う手が育てていく革の魅力、どうぞお楽しみください。

編集後記

人が使い込んでいるものを見るのが好きです。何年も使っているお財布や履きこなされた靴、身体の一部になってしまっているかばん。見かけると、とても仲の良い家族と偶然すれ違ったような、何とも幸せな気分になります。
今座っている席からはいつもエンジニアのパソコンの背中(?)が見えているのですが、関わったウェブサービスの古びたステッカーが沢山貼りついています。パソコンも使い込むと哀愁が漂ってくるものなんですね。

iichi通信バックナンバー

2014.2.16
土のしごと。
2014.2.13
クールビューティー。
配信停止をご希望の方はこちらよりお手続きください。