HOME アジア最大級のデザイナーズマーケット Pinkoi(ピンコイ)に出店しませんか?
アジア最大級のデザイナーズマーケット Pinkoiで海外販売を始めませんか?

Pinkoi(ピンコイ)は、台湾・香港・米国・中国・タイなどアジアを中心に世界中のデザイナーと購入者を繋ぐ、デザイン商品のマーケットプレイスです。現在では月間200万人を超える利用者に向け、5言語・12通貨で海外ECサービスを展開しており、世界77カ国で商品販売の実績があります。 >> Pinkoiのご紹介はこちら

2016年3月、iichiとPinkoiは作り手の「海外販売」支援を目的に提携を行いました。国境を越えて、作り手と使い手の新たな繋がりを広げてまいります。すでにPinkoiに出店し、海外に向けて作品販売をスタートした作家さんの声も届いています。Pinkoiを活用した海外への作品の紹介・販売を始めてみませんか?

  • 海外の言葉、文化に触れることがとても面白いです

    海外販売に興味を持ったきっかけは、クラフトフェアなどに参加する中で、アジア圏のお客様が少しずつ増えているのを肌で感じていたことでした。 Pinkoiを通じて海外の言葉の文化に触れるのはとても面白いです!初めて見る漢字を宛名に書くときはドキドキします。配送にはEMSを利用していますが慣れれば非常に簡単です。 配送料が(国内に比べると)割高なので1度に複数個の注文が入るのも、海外とのやりとりならではだと思います。

  • フォローや質問など、日本より積極的なユーザー層

    海外に住む方からどのようにしたら購入できるか?と問い合わせをいただいたことが、海外展開を考えるきっかけでした。Pinkoiショップオープン後、すぐにまとめ買いなどが多数入り、ショップのフォロー件数や質問の数など、日本のお客さまよりも積極的に感じています。TOPページで紹介していただいたのが大きく、良質な商品写真の重要性を強く感じます。まだまだ翻訳や配送のことでカスタマーセンターに問い合わせながら対応することも多いですが、注文をこなしながら少しずつ慣れていきたいと思います。

  • 苔色工房・田中遼馬さん

    Pinkoiショップを見る
    iichiショップを見る

    海外の方に自分の作品、世界観を知ってもらうきっかけに

    Pinkoiのスタッフさんに声をかけていただき、何度か工房兼ショップにも足を運んでくださいました。 それから登録し、販売を始めました。 その後、PinkoiZineの中で工房について取材していただいたことがありました(苔色工房:大都会の小さな陶芸アトリエ)。 それから何組かの「Pinkoiを見た」という台湾のお客さまが、わざわざ池袋の工房に来てくださったりして、すごく嬉しい体験でした。 海外の方に自分の作品や世界観を知ってもらうきっかけとして、最適な場だと思います。

このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。