HOME 作家一覧 ガラス皮革陶磁木工・漆染織・フェルト金属布・糸その他 モノ・モノ 岩田増太郎

岩田増太郎

作り手
1924年生まれ。10歳で裁ちバサミの工房に弟子入り。25歳(1942年)で独立し、増太郎裁鋏製作所(現・増太郎ハサミ)を設立。息子の仁男と2人で鍛造によるステンレスのハサミ作りを行う。日本のはさみの開祖、吉田弥十郎の流れをくむ名工で、1988年に東京都伝統工芸士に認定、1992年には黄綬褒章を受章、1995年に葛飾区伝統工芸士に認定されている。
岩田増太郎
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。