1. iichi ハンドメイド・クラフト作品・手仕事品の通販
  2. 作家一覧
  3. FOOD&COMPANY Neighborsのショップ
  4. なかほら牧場

なかほら牧場

牛舎のない牧場、 大自然に牛を放牧
岩手県の約6割を占める北上山系は、なだらかな地形に楓・松・楢などの山林が広がり、野生動物も多く生息する自然豊かな土地。
なかほら牧場はその北上山系の標高700~850mの窪地に位置し、平らな牧草地ではなく山の植生を活用する「山地(やまち)酪農」という手法を用いて“牛なり・山なり・自然なり”の放牧酪農を行っています。
ウシは一年を通して山で自由に過ごし、太陽と月と雨と土中のバクテリアの力だけで育つ野シバや木の葉を食べで暮らします。
なかほら牧場では、草食のウシを本来の形でちゃんと草で育てています*。*粉砕焙煎大豆・圧片小麦・雑穀ぬか等、搾乳時のおやつを除く(冬期の飼料は無農薬の自家採草サイレージまたは国産乾草)。

繁殖も『自然交配・自然分娩・母乳哺育(生後2ヵ月程度)』。動物の食性と行動を本来の形で維持することは、私たちがいのちを分けてもらっている家畜を健やかに育てるうえで、
つまり、人びとの健康をまもるために欠かせないことだとなかほら牧場では考えます。

本物の牛乳の味わいをお届けします
山に放牧された牛が自由に草を食んで暮らす、なかほら牧場。なかほら牧場の牛乳には、季節によって変わる四季の味わいがつまっています。
爽やかなのにコク深い、自然の牛乳本来の味わいは、昔の牛乳を知っている方には懐かしく、また牛乳が苦手な方からは「はじめて飲めた」と驚かれます。
飼料も化学成分ゼロで、妊産婦や乳幼児にも安心です。

おいしさの秘密1
草食・自然放牧
いちばんのポイントは、何といっても『草食と通年昼夜放牧』。母牛にストレスがかからないため、おいしくて健康な牛乳を提供してくれます。未来の母牛である仔牛も健康に育ちます。

おいしさの秘密2
ジャージー牛の濃厚な牛乳
牛種は、乳脂肪分が高いことで知られるジャージー(※)。ジャージーは体が小さく乳量も少ないため、一般的ではありませんが、“通”は「牛はジャージーだよね」と言います。

おいしさの秘密3
自然な味わいを保つ、ノンホモ低温殺菌仕上げ。牛乳の風味を損なわないよう、仕上げは「ノンホモ・低温殺菌」。時間が経つと、瓶やグラスの周りにあらわれるクリームのラインは、ホモジナイズ加工(脂肪球の均一化)をしてない“自然のまま”の証です。クリームラインはバターと同じ乳脂肪分が集まってできたもの。なかほら牧場の牛乳は、容器に入れて振ると、少しですがバターができます。
65℃の低温でじっくり丁寧に殺菌した牛乳は、臭みがなく、さらっとした飲み心地。牛乳が嫌いな方でも飲みやすい牛乳です。

おいしさの秘密4
自家製造・直送
こだわりの味わいを理想の状態でお届けするため、なかほら牧場では自前の設備で殺菌・製造し、岩手県岩泉町から全国に直送しています。
なかほら牧場
FOOD&COMPANY Neighbors

FOOD&COMPANY Neighbors

つなぎ手
東京
このページのTOPへ