1. iichi ハンドメイド・クラフト作品・手仕事品の通販
  2. 作家一覧
  3. Custom shoemakerのショップ
  4. Custom shoemakerのプロフィール

プロフィール

custom shoemakerの自己紹介
ギルド オブ クラフツを主催している靴職人 山口千尋氏のもとで、ハンドソーンウェルト製法と呼ばれるイギリスの伝統的なハンドメイド靴作りを学ぶ。

クラシカルなスタイルを得意とした靴を製作。全て一点物で1足1足すべて手作りで制作しています。

工房には靴だけでなく集めた多くのファッションに関する資料や書籍が並んでいます。クラシカルなスタイルには正しい知識が必要なため職人になってからも勉強を怠らないという行動指針を掲げているからです。
仕立ての流儀はそんな資料に準じた「流行に左右されない伝統スタイル」。無駄な贅肉を削ぎ落としたシルエットは美しく均整のとれたフォルム。

まる靴はスーツと同じく二番目の皮膚

 「流行のデザインで」とご注文はおススメしておりません。「流行とは大手ブランドが標榜しているものにすぎず、私とは一線を画すもの」 と考えております。格好いいと思って着るのは、「自分自身への裏切りで間違い」と断じています。
当工房では「靴は二番目の皮膚であり、その人自身の中身を表現するもの」という理念をかかがております。 また、「3年もしたら、流行は廃れます。クラシックなスタイルなら長年、着続けることができ流行と概念はありません。仮に流行があったとしても少なくとも周囲には「上質な靴を誂えている人」と映るのです。」

互いのコミュニケーションや信頼関係の中で、ぴったりの最高の靴を作り上げていく。それがビスポークの魅力です。


履き心地がいい理由!!
①イギリスの伝統的な靴製法「ハンドソーンウェルト製法」
当工房では、ハンドメイド・シューズの頂点に立つ究極の靴製法「ハンドソーンウェルト製法」で制作します。全ての行程を手作業で仕立てることで履き心地がいい柔らかな靴に仕上がります。

②人口素材を使わない
アッパー、ソール、ヒール、ライニングだけなく、インソール、爪先の芯、カカト先の芯 なども全てが革素材です。とても足馴染みがよく、靴擦れを起こしません。

③木型
日本人に合う木型を用意しております。本当に履き心地のいい靴は、それを身に付けているだけで気持ちがいい靴です。

④蒸れません
革は吸水性、吸湿性があるためベタ付かず気持ちがいい!


木型のストック
「いつでも、常に、確実に、履き心地のいい靴」が欲しいというお客様へ。

・履き心地がいい木型をもとに、お好きなデザインの靴を自由に制作することができます。



「靴について話をする際、鼻にかけないようにするのは難しい。私は靴やブーツを誂えないのなら、上手い着こなしができるわけがないなどと言いたくないが、そう言わざるを得ない。「2足求めたつっもりで」という言葉がある。人は月並みな言葉で「それは投資ですよ」とこともなげに言ってくれる。が、この言葉に嘘は無い。 」(エリザベス女王付きデザイナー 、ハーディ・エイミス より)

Custom shoemaker

Custom shoemaker

岩手
メッセージを送る
お気に入り作家に保存
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。