1. HOME
  2. 作家一覧
  3. てのひら木工

プロフィール

木の小物を作っている「てのひら木工」です。栃木県の田舎に住んでいます。
てのひら木工という名前には、ハンドメイドという意味と、手で触って気持ちのいい物を作りたいという思いを込めています。
触るたびに気持ちが落ち着くような物を作って、誰かに使ってもらいたい、というのが私の願いです。

木工を始めて10年ちょっと、5年前子供が生まれてから、ベビースプーンや小さなお皿を作り始めました。

スプーンなどは口に入るものなので、手触りと舌触りの両方が心地よいものを目指しています。
特にベビースプーンは、赤ちゃんのかわいい口に入るもの。スプーンを使う赤ちゃんの健やかな成長を祈って、納品前にいつも手を合わせています。

シャープな形より、コロンとした形が好きです。

作る工程は手作業の部分が多く、仕上げの工程でも自分が作業中気分が悪くなるような塗料は使いません。
料理用のくるみオイルを拭き込んで仕上げるものが中心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。