1. HOME
  2. 作家一覧
  3. SCENERY (シーナリー)

プロフィール

about SCENERY
SCENERYとは「景色・風景」という意味です。
自然の景色は強さや優しさ、美しさ、そして雄大さ全てを兼ね備えています。
SCENERYでは、そんな無限の力と美しさを秘めた自然が織成す景色を借りてアクセサリーをデザインしています。
そして、そのアクセサリーを通じ、心を奮い立たせたり、癒したりできるように・・・。
SCENERYのアクセサリーはただのアクセサリーではなく、心を導くツール。
もちろん、格好良いから、可愛いからで身に着けて頂いても大変うれしく思います。

SCENERYのアクセサリーを通して心が変われたら・・・、またいつでもコンセプトの様な景色を感じる事が出来たら・・・。
是非そんなツールとして身につけて頂ければ幸いです。

-自己紹介-
初めは特にアートに関わる事は何もした事がありませんでした。
きっかけは23歳の頃、アクセサリーをプレゼントしようとした事があり、その時に自分の想いを表現しなければ意味が無いと思いデザインしたのがはじまりでした。
その時は簡単な落書きをしただけで作る事はしませんでしたが、それからデザインがおもしろくなり、実際に初めて作ったのが26歳の頃でした。
その頃からモチーフは自然の景色で、思いつくままにデザインして製作していました。
たまに自分をイメージしてペンダントを作ってほしいと依頼される事もあり、その時に出来たのがtaiyoという作品です。(他にもいくつかあります。)

-作品へのこだわり-
作品は基本的に自然の景色をモチーフにしています。
また、大きく分けて「幾何学」「和モダン」「抽象的」の3種類のテーマで製作しています。
「幾何学」では文字通り幾何学的な線の組み合わせで自然を表現、また無機質感も大事にしています。
「和モダン」では水墨画をモダンにアレンジしたイメージで、作品に漢字のタイトルも彫り込んでおります。
「抽象的」はその他のような扱いです。
そして最も拘っているのが、作品それぞれに深いコンセプトを持たせている事です。
自然の強さ、優しさ、大きさなどを作品を通じて感じてもらい、心の後押しや、お守り的な存在として身に着けてもらいたいと思っています。
デザインする時の目標として、見た人に何も言わずに意図した景色が伝わる事、また作品を見てその景色を感じれるようなデザインを目指しています。
アクセサリーは、贈る側の想いを如何に作品に乗せるか、またその乗せた想いが伝わるかだと思っています。

【アメブロ】…テーマ/SCENERYミュージアム・SCENERY活動日記で作品や活動内容など書かせてもらっています。

http://ameblo.jp/ys-scenery/

お知らせ

購入者の声

一覧へ

  • ★★★★★
    [リング / 紫陽花]
    とても落ちついた ナチュラルな感じのリングです。 主張しすぎず 日常使いでも邪魔にならないのでですが さりげなく大人な感じのリングだと思います。 私は ピンクと紫の物を選びました。とても素敵ですよ☺
    photo
  • ★★★★★
    [リング / 新緑]
    無事に届きました。ありがとうございました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
SCENERY (シーナリー)

SCENERY (シーナリー)

大阪
お気に入り作家に保存
メッセージを送る
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。