クリスマスキャンペーン実施中! 【iichi会員登録で10%割引券をプレゼント(12月25日まで)】 >詳しくはこちら<
  1. HOME
  2. 作家一覧
  3. 砂あしび

プロフィール

『ひと粒、ひと粒の砂』に想いを込めて、
糸を紡ぐように色砂を幾重にも積み重ね、ひと粒ひと粒の砂を寄せ動かし描いていきます。

日本では珍しい砂絵、『SAND BOTTLE』。
沖縄から新しい砂の世界を発信しています。

【出会い】
30数年前。
会社の上司からブラジルのお土産に頂いた「SandBottle」。

小さな小瓶の中に描かれたブラジルの風景。
衝撃的だったのは、その絵模様は砂を積み重ね、先のとがった串で砂を動かしながら描かれているということ。

その証明は、砂が動いてその絵模様の一部が壊れていたことでした。
のり付けして描かれたものではなかったのです。

自分でも作ってみたい!
ただそれだけ。
その気持ちだけで十分でした。

色のついた砂をどこで入手できる?
どうやって絵模様が出来る?
完成した作品を壊れないように持ち運ぶには?

山積みの課題。
一つ一つクリアしていきました。

砂遊びにはまってしまい、気がつけば30年あまり。

平面に描けば何でも無い絵模様も、砂を積み重ねて描く難しさ。
その難しい作業に魅せられて、30数年たった今でも、まだまだ勉強の毎日です。

今、作ることの楽しさ、未だに新しい発見があることに感動しています。

【現在の活動】
主に沖縄の北部にあるホテルショップで作品展示販売しながら、自信作をiichiさんでご紹介させて頂いています。

現在は主に、イルカと美ら海の可愛い魚たちを題材に取り組んでいます。

【こだわり」
『小さなボトルの中の作品にどこまで物語を表現できるか?』作品作りテーマの一つです。

作品作りに下絵はありません。
自分の頭の中にあるイメージを、ストーリーを形にしていきます。

作品は完成後に特殊な接着剤で固めてしまいます。

【砂あしびより】
日本で数少ない、グラスサンドアート作家の「砂あしび」が自信を持って、あなたの思いを込めて、あなたのために制作致します。

買って頂くのは作品ですが、それを通して届けたいのは「心」です。
手にして頂いた時に、その「心」「想い」が届くようにと、心を籠めて全身全霊で作品を作ります。

あなたの大事な人へのプレゼントに、ご自分へのご褒美にご利用頂ければうれしいです。

【プロフィール】
2016年3月 『マツコ&有吉の怒り新党 新3大 「繊細すぎるガラスアート」 』で紹介
2015年8月 めざましテレビ『モア7」で紹介
2014年7月 全家研「ポピーマガジン”ぴかり”」表紙に作品写真掲載
2014年5月 沖縄テレビ「沖縄イムズ」出演
2013年7月 沖縄県立博物・美術館 沖縄タイムス主催1日ワークショップ開催
2010年7月 日立建機PR誌「Tierra」表紙に作品採用
2009年3月 NHK沖縄「ナマカラハイサイ」出演
1997年~2006年 福岡の砂の美術展にグラスサンドアート体験コーナーで参加
1980年~ 沖縄県内のホテルでお土産品として販売展開。 
1975年 作家活動開始

web:http://www.sandart-j.com
facebook:https://www.facebook.com/sunaashibi
tumblr:https://sandartjapan.tumblr.com
instagram:https://www.instagram.com/sandartjapan/

このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。