1. HOME
  2. 作家一覧
  3. sadaharu higa

プロフィール

テーマ・
洋服の始まり、古代ギリシャの官僚が身に付けたとされる、聖なる布TOGAを服飾造形とし、様々なテキスタイルを活用し、趣向品として御洒落なものに成立させる。その他テキスタイルを活用した商品を製造販売。

取得分野・
被服造形・デザインと縫製
編み物・簡易的な棒編み
染色・デザインとしての染色・草木染め・化学染料・顔料染め・脱色加工等
手工芸・簡易的な手工芸、ハンドステッチやニードルパンチ等

経営方針・
個性を追求しすぎると世間からズレ過ぎる、素材や製法に拘ると価格が高騰する。個性的や拘りという言語表現が嫌い。
古き良きもの、昔ながらに拘って、今の時代は着物は着ないから着物の良さを服で伝えて、と言われても、着物は着物で着た方が繊維本来の目的を果たす。着付けが面倒、あれもこれも欲しい、値段が安くないと駄目、仕立て直しや洗張りに御金掛けたくないのが本音、昔の人は皆それをやっていたけど生活様式が変わりそれが通用しない、昔のままは通用しない。

化繊や化学染料は偽物で、天然素材や天然染料は本物という考えは多いし、草木染めはエコという風潮があるけれど、天然に拘るが故時間が掛かり、水や火を沢山を使う行為は環境に悪い、単価が高騰する割に日焼けや劣化が早い。生産合理性を考慮して開発された化学染料や化学繊維を使いこなした方がエコな場合もある。手織りが良く機械織りは偽物ではなく、手織りだから表現出来る事、機械織りの特性をやりたい事や目的に応じて使い分ける。

デザイナーとして欲望に忠実に、趣向品、その都度魅力を感じた物、経営性、生産性、利便性、効率性、ファッションという多様性、世の中にウケるもの、昔から続く良いものとか、人間の知恵を加え今日的価値に、感動した素材を形に、自信を持って売れるものを発表します。

価格について・
趣味ではなく仕事としての価格になっています。他の作家や商売のやり方は様々です。趣味で活動されている方では材料費程度で売る方も居ます。作家や企業のやり方では高く価格設定をしセールをして売る、御客さんが値切って来た時に安くして喜ばせるという事をしているからお前もそれをやれ、先輩面した作家が押し付けて来るけど、そこまで器用じゃないからやりません。値切って来る失礼な人とは付き合いません。商品企画の段階で国内の良質なアパレルブランドと同じクヲリティでありながら、3分の1の価格帯になるよう努力しています。買う気のない人、暇な人が値引き交渉楽しんでとか嫌いなのでやりません。御客様は全て同じ価格での販売にしています。不良品でもないのにセールはしません。

住所・〒904−0303
沖縄県中頭郡読谷村字伊良皆163の2の1階
電話・098ー989−0828
開店時間・14時頃から20頃迄
定休日・不定休
催事出店や制作過程等はtumblrに載せています。
tumblr→https://sadaharuhigashop.tumblr.com

催事出店
2017年3月9日〜3月12日・第15回沖縄市工芸フェア
http://ockf2013.ti-da.net

2017年4月28日〜30日・クラフトフェア南城
http://craftfair.ti-da.net

過去催事出展
第14回沖縄市工芸フェア・2016年3月
http://ockf2013.ti-da.net

第5回クラフトフェア南城・2016年4月
http://craftfair.ti-da.net

第21回沖縄ウッディフェア・2016年11月10日〜13日
https://www.facebook.com/okinawa.woody2015/

島のクラフトピクニック・2016年11月26日〜27日
http://okinawasakkaiti.ti-da.net

Bunkamura Winter Craft Collection 2016・2016/12/14(水)~12/25(日)【前期】12/14(水)~12/17(土)
http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/161214wintercraft.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。