夏のキャンペーン実施中! 10%割引券をプレゼント >詳しくはこちら<
  1. HOME
  2. 作家一覧
  3. 華文-kamon-

プロフィール

ご覧頂きありがとうございます。

☆ショップ紹介☆
『和柄はちょっと…』
『着物のリメイクって使いにくい?』
こんな風に思っていた方や、
『人とはちょっと違うオシャレな和風を身に着けたい。』
『かっこいい和テイストの商品が欲しい!』
そんな商品を探していた方にも、
和と洋の組み合わせで、着物独特の変わった柄、
面白い柄を現代でも使いやすいようにリメイクし、
さらに和の良さが引き立つような商品をお届けしたいと思っています。

今後も帯で作ったバッグや着物の柄を生かしたストール日傘などファッション雑貨や、アクセサリー、インテリアパネルなど商品のラインナップを増やしたいと思っています。

1点1点心を込めた手作りです。
至らない点もあるかも知れませんが、お手に取って頂けたら幸いです。
心を込めた作品の中の1点が、皆さまの生活の中に、
新たな“和“の魅力をお伝え出来ますように…。

☆Twitter 始めました。まだまだ初心者ですが覗いてみてくださいね!
リンクは作者紹介下です。↓↓


☆作者紹介☆
子どもの頃…母が服を手作りしてくれたりしました。
そんな母のボタンの詰まった空き缶や、裁縫箱、
足踏みミシンの音が大好きで、
プレゼントやお土産のケーキのリボン、
可愛いボタンなどを集め、手指を使う細かい作業が
苦にならない子どもでした。
雑誌の付録が大好きで、ビーズで作る小物にはまった時期も。

両親は、幼い私に七五三やお正月に着物、
夏祭りには浴衣を着せてくれました。
私自身もそれがとても楽しみでした。

そんな子供の頃を過ごしたからか、だんだんと和柄、
和風のものを好むようになっていきました。
そして、きもの関係の仕事に就きたいと思い着物専門学校へ進学。
着物の仕立て、着付け、文様などを学ぶうち、柄のデザイン、創作きもの、きものリメイクに興味を持つようになりました。

学生時代は、友人たちに
「変わった柄が好きだね、でもそれがアナタらしい」
と言われることもありました。
でも、いま思い返してもそれは嫌な気分にはならなかったし、むしろ心地良かった記憶があります。

卒業後、就職、結婚、出産をへて、しばらく離れていた、「もの創り」への欲求が再燃していました。
そして、友人と夫の
「やれることがあるなら挑戦してみたら」
の言葉をきっかけに着物リメイクを制作販売するようになりました。


☆作者略歴☆
着物専門学校を卒業
呉服卸業 アパレル販売員を経て現在に至る

その他のリンク

華文-kamon-

華文-kamon-

大阪
お気に入り作家に保存
メッセージを送る
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。