1. HOME
  2. 作家一覧
  3. 孔海

プロフィール

かぎ針作家の孔海(よしみ)です。
わたしが初めてかぎ針を手にしたのは、小学1年生の頃。
通っていた学童の先生の趣味で、先生が子どもたちにかぎ針の握り方から丁寧に教えてくれました。
学童を卒業した後、ずいぶん長い間、かぎ針のことは忘れていました。
思い出したきっかけは、わたし自身の結婚式の準備をしていたとき。
親族のみのささやかな挙式に、手作りのもので、おもてなししたいと思ったとき、幼い頃の記憶がよみがえりました。
披露宴の時、参列者ひとりひとりのグラスの下に、わたしが作った毛糸のコースターがありました。
司会の方が「コースターはヨシミさんの手作りです」と伝えると、会場から温かい歓声があがりました。
披露宴終了後、参列者のみなさんが、コースターを持ち帰ってくださいました。
手作りに対する温かい反応、笑顔がうれしくて、もっと作品を作りたくなりました。
もっとたくさんの笑顔を作りたくなりました。
そんな想いで、今日も「ほっとする」作品づくりに励んでいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。