1. HOME
  2. 作家一覧
  3. MAKOTO IWAKI

プロフィール

「着て、作って、楽しんで。」

多くの人にファッションや物作りをもっと楽しんでもらえるように、着る人自身が作ることが出来る服やアクセサリーを製作しています。
ファッションを通して多くの人が自分らしく楽しい毎日を送ることができるようになることを望んでいます。


2011年まで服飾学校にて、イタリアのテーラーの服作りを中心に洋服の勉強をしていました。卒業後から現在は個人で被服の製作を行っています。


服作りがもっと多くの人の身近になり、もっとファッションを楽しむことができる世の中になればいいなという想いと、飽きたりちょっと劣化しただけで着られなくなって大量に捨てられるという現状が少しでも変わるようになればいいという想いから誕生しました。
各シリーズのコンセプトは商品ページに記載しますが、発想の元は昔の木製の日本建築に使われていた木を組み合わせることで建築する「組み木」や、自重のみで建つアーチ状の石橋からで、その発想をファッションに落とし込んだものです。
こういった面白い仕組みのものやおもちゃ、他に自然や動物、落ち着いたものや綺麗な物が好きでモチーフにすることも多いです。


2013年 TOKYO DESIGNERS WEEK ASIA AWARDS ヤングクリエイター展入賞

このコンペに同テーマの作品(葉っぱブロックシリーズ)でドレス、アクセサリーを出展し、日本国内外問わず老若男女多くの方に気にいっていただきました。試着していただき楽しんでくださった方や、実際に欲しいとおっしゃったいただける方や、国外の有名なアートイベントに参加してみないかという声をいただけたことをきっかけに販売に至りました。

作品全体に関係する説明をここでさせていただくと、私の作品は構造上、耐久度を確保するために皮革のような丈夫な素材や、フェルトも化学繊維製の安いフェルトではなく、羊毛製(70%~100%)の高品質なフェルトを使用しています。そのためすぐに劣化することなく、長く使っていただける耐久度が確保されていますので安心してご使用ください。作品ごとのページに他のことも含めて詳しく記載させて頂きます。

また、フェルトは冬だけの物と思われがちですが、ウールの特性として、適度な保湿保温を行い、さらに抗菌性もあるため防臭効果もあります。そのため部分的な使用することで夏でも快適に過ごすことができます。

私のホームページです。
http://makotoiwaki.com/


下記のページには、私の日々の事や、ここでは書ききれない情報、皆さんに知ってほしいことなど色々書いていますのでよかったら見てください。

http://makotoiwaki.com/blog/

他にツイッターやフェイスブックページもあります。

Twitter : https://twitter.com/MAKOTO_IWAKI
@MAKOTO_IWAKI

Facebook : https://www.facebook.com/MakotoIwaki.blocks

(販売しているブロックシリーズは現在特許出願中です。)

お知らせ

  • ※11月8日から12月7日まで「碧い石見の芸術祭」「石州和紙デザインコンペ2014」にて新作のバッグを展示しています。
    場所は島根県の「浜田市立美術館」です。お近くの方はぜひご覧ください。
    http://www.iwami.or.jp/hcl-aoiiwami/design.html
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。