1. HOME
  2. 作家一覧
  3. 大日光クラフト

プロフィール

はじめまして。
縁あって、木と向き合うようになり随分になります。これまで、いろいろの木を扱わせてもらっています。雑木という言葉があり、端材などという言い方もあります。銘木と名づけられたもの、ご神木とあがめられたものもあります。確かに木は、表情から内実まで千差万別でしょう。

限られた創意と技法のなかでも、木そのものが持つ味わいをどう活かすか、じっと木を見て考えます。(いや、その時の勢いで突き進む時もありますが。)
そんなこと、こんなことの繰り返しの毎日です。
すべて自分で木工旋盤で木材を挽くことが私の制作の基本です。
木地、富貴漆。それから黒、赤の漆など。

生活に木のぬくもりをとよく言われています。わたしもその通りだと思います。
私はときどき『使い捨て生活習慣病、大丈夫ですか』と問いかけています。
私の作品を通して、“少しいい心持ち”になっていってくれたらと思って制作しています。
いろいろの方のいろいろの意見をいただきここまで育ってきたと思っています。
これからもよろしくお願い申し上げます。               合掌

【企業情報】
大日光クラフト工房 (代表 関谷天真)
(受付 10時~17時 、 原則、月曜定休)
日光商工会議所会員
栃木県デザイン大賞入選
栃木県物産観光協会推奨品指定
世界工芸コンペティション㏌金沢入賞

お知らせ

  • ◎会津若松・漆芸展に出品(会津町方伝承館)

    9月13日(木)~17日(月)
    漆工芸グループ展会津町方伝承館)



    ◎日光杉並木 倒木に命 矢板の工芸作家・ペン、万年筆に再生(2018年5月10日 東京新聞)

    日光市の「日光杉並木街道」の倒木を活用し、矢板市の工芸作家関谷天真(てんしん)さんが、ボールペンや万年筆を手作りしている。杉並木は国の特別史跡と特別天然記念物に二重指定され、樹齢は約400年。倒木の枝は大半がそのまま廃棄されていたが、関谷さんは「貴重な文化財を生かし、杉並木のイメージ向上につなげたい」と意気込む。

     木工ろくろの音が「ウィーン」と響き渡る庭先の工房。関谷さんは高速回転する木材の表面を刃物で削っていた。「枝を加工するところから手作りです」。大胆な手つきで一ミリ単位の繊細な作業をこなす技が光る。
     日光東照宮によると、一六二五年から二十年以上の歳月をかけて植えられた杉は老齢化が進み、倒木は多い年には数十本。幹は材木に利用するが、大量の枝は処分される。
     「面白い素材がある」と知り合いの伐採職人から教えられた関谷さん。空洞や裂け目があるため、小片で制作できるボールペンを思いつき、七、八年ほど前から制作を始めたという。樹齢が高いほど木目が細かいので柄が手になじみ、高級感が出るため「贈答品に最適」と好評だ。
     最も人気のあるボールペンは、日光市の道の駅にある船村徹記念館や東京スカイツリータウンのアンテナョップなどでも購入できる。
     関谷さんは制作をきっかけに、街道周辺の美化活動に参加。「周辺住民にとっては、落ち葉などで迷惑だと感じることも多い。商品を通じて杉並木の価値に目を向けてほしい」と話している。
大日光クラフト

大日光クラフト

栃木
メッセージを送る
お気に入り作家に保存
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。