岩瀬陶房のショップ | ハンドメイド通販 iichi(いいち)
  1. HOME
  2. 作家一覧
  3. 岩瀬陶房

プロフィール

 岩瀬陶房は陶芸家 岩瀬健一(日本工芸会正会員)の作品の中から、日常使いの小さな器を中心にご紹介致します。
 私は焼物の産地や窯元の出身ではありませんが、美術好きの少年時代に抱いた陶芸への漠然とした憧れが膨らみ、大学中退後に茨城県笠間市の後に人間国宝となる松井康成先生に弟子入りし、陶芸の道を歩み始めました。その後、東京都多摩市の辻清明先生に弟子入りし、1972年に東京都八王子市に独立して穴窯を築き、作家活動を開始しました。
 以来、日本・東洋の古陶磁に学び、あるいは近現代作家の作品に啓発されながら、現代に生きる私独自の造形を目指して作陶しています。
 土は主に多治見・瀬戸や信楽のものを使い、登り窯、灯油窯、電気窯により焼成しています。土、釉薬、焼成方法について日々テストを重ね、作りたいものに応じて調整、選択しています。
 陶器は焼締、灰釉、粉引、練上、磁器は白磁、柿磁、黒磁、瑠璃磁など、多様な表現に取り組んでいます。とりわけ白磁、柿磁、黒磁を中心とする磁器の表現は、日本陶芸展、日本伝統工芸展などの公募展において評価をいただき、毎年の個展発表においても皆様のご好評をいただいております。

詳細は下記ホームページ等もご覧ください。

♦ホームページ : http://www7a.biglobe.ne.jp/~iwase-kenichi_tougei/index.html

♦ブログ : http://k-iwase.at.webry.info/

♦Facebook : https://www.facebook.com/iwase.touji

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩瀬陶房

岩瀬陶房

東京
お気に入り作家に保存
メッセージを送る
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。