1. HOME
  2. 作家一覧
  3. 佐ノ川谷藍子

プロフィール

陶芸作家。「食べる」という根源的なものと結びついたアートである、器をつくる仕事を天職と信じています。氾濫するナチュラルライフ嗜好の人だけに向けられた「日常の器」やお高い「用の美」、古典的「現代陶芸」にイライラしたりしながら、個々人の日常のエッセンスと作品をいかに繋げるかということを考えるようになった陶芸家。蹴ロクロ使い。


HP http://aikowheel.blogspot.jp/


2003年 大阪芸術大学美術学科を卒業
(構想コース 舩井裕教室)


2004年 関西某美術専門学校陶芸科中退
陶芸教室やサークルをはしごし、以後独学。


2005年 大阪府泉佐野市の実家に築窯
アートフェアやギャラリー主催のグループ展を中心に活動。


2008年 街中個展「佐ノ川谷藍子 器展」をはじめる

町おこしのボランティアに参加したのがきっかけで、
地元・泉州(南大阪)の町中にぽっかり空いたスペースをみつけては個展を自主企画。


「覚兵家米蔵 佐ノ川谷藍子器展」(2008~2009 毎月開催・大阪府泉佐野市)
「つばさ通り商店街 佐ノ川谷藍子 陶芸ワークショップ」(2009年・泉佐野市)
「岸和田駅前商店街 佐ノ川谷藍子 蹴ロクロと器展」(2010・大阪府岸和田市)
「自然食レストラン暮らし屋 佐ノ川谷藍子器展」(2008~隔年・大阪府富田林市)
「イタリアンレストランnuno 佐ノ川谷藍子器展」(2008~・大阪府泉南市)
「カフェflourbee 佐ノ川谷藍子器展」(2011~毎年・泉佐野市)
「蔵のカフェむくのき 佐ノ川谷藍子 器展」(2016~隔年・泉佐野市)
「カメヤグローバルカトランプラス展示場 佐ノ川谷藍子器展」(2012・岸和田市)
「妙厳寺 佐ノ川谷藍子器展」(2012・泉佐野市)
「土生神社鎮守の森 佐ノ川谷藍子器展」(2011年~隔年・岸和田市)
「蔵元 元朝 おちょこと器展」(2013・岸和田市)
「休日書店青々堂 佐ノ川谷藍子器展」(2013~2016・富田林市じないまち)等、他多数


2009年 「佐ノ川谷藍子 骨壷展」(2009・府立弥生文化博物館)
「骨壺をつくろう!陶芸教室」も同時開催。


2012年  「佐ノ川谷藍子 ブログ器展」をはじめる
今や日常空間となったWeb上にぽっかり空いた空間に注目。

ブログ記事と写真、ハンドメイドマーケットサイト、グーグルマップをリンクした、インターネット上の展示を定期的にUPする。




2013年 工房を大阪府阪南市箱の浦に移転

海の町の工房近くのカフェやレストランなど個展を中心に活動。

「海のカフェ高木 佐ノ川谷藍子 器展・三人展」(2013~隔年・阪南市箱作)
「ひろしげ珈琲倶楽部 佐ノ川谷藍子 器展」(2014~毎年・大阪府岬町淡輪)
「イタリアンレストラン イル・ピアット 流木家具と器展」(2015~隔年・阪南市自然田)

他、町中個展の活動を含め年3~4回の個展を開催。

購入者の声

一覧へ

  • ★★★★★
    [とりはしおき(ブルー)2つセ…]
    ご飯茶碗を探しておりましたところ、一目惚れしました。植物のモチーフが好きなのですが、繊細でいて温かみがあって好みのど真ん中でした。一緒に大鉢と箸置きも購入させていただきましたが、こちらの作品もHPの…
    photo
  • ★★★★★
    [雨がら小鉢]
    早々の連絡、発送 ありがとうございました。 素敵な食器ばかりで しばらく ながめて楽しんでから、 使いたいと思います。 またショップを覗かせていただきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのTOPへ

パスワードを忘れた方はこちら

ログインできない場合はこちら

携帯のメールアドレスにて登録される場合は、
ドメイン iichi.com より受信できるよう、
メール設定の見直しをお願いします。ドメイン指定受信について
iichiの利用規約およびプライバシーポリシーをお読みいただき、
同意される方のみ「同意して会員登録する」ボタンを押してください。