日々を共にし、わたし色になる。
これからもずっと使い続けたいもの。

編集後記

自分の身の回りに革小物はいくつあるのでしょう。長く大切に使うことで自分色に変化し、同じものでも使う人によって艶や風合いが違うものに見える、そんな革小物が大好きです。社会人になったはじめの年に先輩が持っていたお財布がとても素敵で印象的でした。艶が増し四隅の角も丸くなり、深みを増した濃い赤色。聞けば十年以上修理をしながら使っていると。その素敵なお財布に憧れて自分も同じものを購入し長く使いました。面白いことに、同じ色を購入したはずなのに艶の出方や色が違うものの様に見えます。その人の暮らしに寄り添い自分色になるもの。新しい季節の訪れとともに日々使うものを新調してみては。
次回予告 配信日 2020.9.6

次回のiichi通信は「季節を迎える食卓」をテーマに、これからの季節に使いたいうつわなどの作品を集めてお届けいたします。作り手の方からの新作もお待ちしています。どうぞお楽しみに。

iichi通信バックナンバー

2020.8.30
花を飾る暮らし
2020.8.26
新しい季節に着たい服
配信停止をご希望の方はこちらよりお手続きください。