自然の素材をいつも傍に。
五感で感じる、木のぬくもり。

編集後記

暮らしの中で、木の器やカトラリーをよく使います。器が冷たくなりやすい寒い時期も、木の器にすると注いだスープが冷めにくかったり、口当たりが柔らかいので重宝しています。お気に入りは、カッティングボード。大きいもの、細長いものなど形は様々なものを集めてきました。小さな器にチーズやジャムをのせてトレイ代わりに、焼いたパンを置いてお皿代わりに使うことも。普段の手入れは、水洗いした後にアルコールをシュッとひと吹きしています。乾燥してきたら、オリーブオイルや亜麻仁油など食用油を薄く塗ってメンテナンスすると、木が輝いていくので嬉しくなります。
次回予告 配信日 2018.1.27

次回のiichi通信は「仕事の相棒」特集。勉強やお仕事のときに使いたくなるバッグや、文房具、ステーショナリーをご紹介します。どうぞお楽しみに。

iichi通信バックナンバー

2018.1.20
くつろぎタイム。
2018.1.16
いい模様と一緒に。
配信停止をご希望の方はこちらよりお手続きください。