透き通った音。キラキラとはじける光。
やって来る夏を乗り切る清涼剤のようなガラスの作品たち。
お気に入りのガラスと、涼しい毎日を過ごしましょう。

編集後記

子供のころ、夏の土曜日のお昼と言ったらそうめんでした。ざくざく切った夏野菜と、大きなガラスの鉢に山のように盛られたそうめんをみんなで囲んでいました。じゃんけんで負けた人が洗い物をして、次に負けた人がアイスを買いに行って、また集合してみんなでアイスを食べるのも好きでした。そうめん鉢はひっくり返すと岩山のようなデザインで、食事の後はいつも食器かごの中で荘厳とそびえ立っていました。夏の思い出はいつも眩しいですね。

iichi通信バックナンバー

2014.7.1
小さな贈りもの。
2014.6.29
私の日曜日。
配信停止をご希望の方はこちらよりお手続きください。