古びず、味わい深く。共に月日を重ねてくれるやきもの。
食卓で、お部屋で、窓辺で、あなたの毎日を彩る
土のものを探してみませんか。

編集後記

実家では、玄関にある土鈴をちりんと鳴らして出かけるのが習慣でした。理由は考えたことがなかったのですが、調べてみると魔除けの意味があるようで、縄文時代に作られ始めたようです。縄文時代のはどんな音だったのかなと考えていると、自分用の土鈴が欲しくなってきました。何万年も後に出土して「山陽地方の土鈴が関東で使われていたようです。交易が盛んだったのですね」なんてことが起こったりするのかな、と空想している日曜日のお昼です。

iichi通信バックナンバー

2014.2.13
クールビューティー。
2014.2.11
春よ来い。
配信停止をご希望の方はこちらよりお手続きください。